NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年3月6日 TVボードって?

NOCEのバイヤーズブログ

2015年3月6日 TVボードって?

今週は、週半ばで日中の気温が20度を超える日がありました。
今日は(金曜日)少し寒く感じますが冬の寒さとは違います。
近くの梅の花も満開ですが、いつも来る「メジロ」が飛んできません。
そう言えば、下北沢界隈で最近カラスも見なくなりました。
巣作り前なのか、カラスの駆除で総体数が減ったのか、下北沢の飲食店のゴミが減ったのか、深刻なカラスの少子化なのでしょうか。
カラスの童謡にある「七つの子」などあまり都会では見ません。
殆ど「一人っ子か兄弟、姉妹」で、親より大きい体でいつまでも親に餌をねだっている光景を見ます。
親離れできないのか、子離れできないのか、わかりませんが都会に住むカラスが過保護なのは確かなようです。
そう言えば、最近飲む人が減ってリバースも無いし、飲食店もみんなロス出さないようにしているし、コンビニで買ってその辺で食べる人達も残さなくなったし・・・でしょうか。
都会に住むカラスも住み難くなりました。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌と関東で恵まれず日曜日は、関東で曇る他はまずまずと言ったお天気になるそうです。
春休みなのか、街には春めいた服の人が増えてきました。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、ウォルナット天然木突板を使用した使い勝手のよさそうなサイドボードです。
0306-1.jpg

この商品は、当初オールノックダウン(全部組み立て式)で天然木ではないウレタンの木目シートでリリースする予定でした。
コストは、おそらく現価格の50%に収まりますが、バイヤーとしては、いつもここが「悩みどころ」です。
「価格を取るか、クウォリティを優先させるか」です。
勿論、最終的に売れた方がいいわけで、バイヤーの評価もうなぎ昇りで給料もアップと「良い事ばかりなり」ですが、これがそう簡単にいかないのです。
「売れればいい」と価格訴求する究極のスタイルはディスカウントストアで、商品よりも価格が重視されます。
僕の経験から、1,000円単位のものは100円の差で売れ方が違います。
それでは「何故今回はクウォリティを選択したのか」と言うとこれは、他の商品との相互作用によるシナジー効果を期待したからです。
どんな理論に基づいてどのように「どれが価格訴求でどれが品質重視か」を判断するのでしょうか?
それは・・・・・・・・ただの勘です。
と話が終わってしまったので本題に戻りたいと思います。
デザインは、シンプルですが
0306-2.jpg

この長めのテーパードレッグがミッドセンチュリーの雰囲気を全体に与えています。
0306-3.jpg

そして一番の「押し」は左右に付いたフラップ式ドアでしょう。
0306-4.jpg

また扉には溝が設けられていて、雑誌やポスターなどがディスプレー出来ます。
0306-5.jpg

少し見難いかと思いますが、真ん中のスペースと
0306-6.jpg

左右のスペースには1枚ずつ可動式シェルフが付いています。
0306-7.jpg

ダイニングテーブル周りのリネンやカトラリー、グラスなどの収納にもよさそうです。
バックパネルには、3つ穴が開いています。
0306-8.jpg

大きく縦に細長い形をしているのは棚を設置した時、上下ともに利用できるようにするためです。
0306-9.jpg

合理的です。
ところで穴ですが「ブルートゥースの時代に何で?と思われるかも」ですが在った方がいいと思います、とこれしか言えません。
そもそも、TV本体にハードコピーしてしまえば穴はいらない・・・・って言うかTVボード自体・・・・・これ以上言えません。
ただあくまでもインテリアのツールとしてのTVボードなので冒頭の話と絡んでくるのです。
素材は、ウォルナット天然木突板になっています。
0306-10.jpg

インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプルで見た目のクセよりも割と自然にお部屋を選ばず溶け込みそうです。
さて、価格ですが38,000円(税込)でウォルナット天然木突板を使用したため少し価格が上がってしまいましたが、このパフォーマンスから考えれば決して高価であるとは思いません。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

TVボードBF7435
¥38,000(税込)
幅150×奥行44×高さ56cm
※部分組立
スポンサーサイト
  1. 2015/03/06(金) 15:18:56|
  2. バイヤー&スタッフのブログ