NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年4月3日 2015年 春 広州出張 2

NOCEのバイヤーズブログ

2015年4月3日 2015年 春 広州出張 2

今週、桜の花が満開になりました。
用事で郊外まで車で出掛けましたが、様々な所で満開の桜を見ることが出来ました。
今日は、朝から強い風が吹いています。
桜の花も今日限りでしょうか。
明日の夜は、皆既月食の日です。
日本全国で見る事が出来ます。
夜7時15分頃から欠け始め、9時頃に皆既月食になるそうです。
「一杯やりながら」にはピッタリです。
しかも土曜日・・・・7時から始めて9時がピークなんて・・・なんと素晴らしい時間まわり・・・・月が赤銅色に変わった頃シャンパンをポーンって乾杯ですか・・・想像しただけでワクワクします。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが、「月食の土曜日」晴れそうなのは札幌、仙台、新潟のみで後はくもりや雨とスッキリしないお天気だそうです。
日曜日は全地域でぐずついてしまうそうです。
僕は、「想像の皆既月食」でやりますか。
週末、お出掛け際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店、心よりお待ち申し上げております。


翌朝、5時に目覚めると見本市会場は、明けようとする朝の中でまだ眠っていました。
150403-1.jpg

1時間掛けてストレッチをして体をほぐし、
朝食のレストランに向かいます。
150403-2.jpg

6時半オープンと同時に行きます。
150403-3.jpg

ホテルの朝食用レストランは、僕の中では「オープンと同時」が鉄則です。
まず、空いています。
そのため、食事を選ぶ時間があります。
パンも焼けます。
そして、「窓際の席に座れる」と大切な1日のスタートを気持ちよく過ごす事ができるのです。
様々なミールがあり、簡単に選べません。
150403-4.jpg

これはヌードルバー、手前は粥です。
150403-5.jpg

奥に生麺が数種類あって、具も野菜から肉までいくつもあります。
そこで、麺と具を選んで作ってもらいます。
ただ、結構「量」があるので数多く食べたい時は「ここで終了」になってしまうので今回はパス。
小さな「チャーシューマン」や「ちまき」。
150403-6.jpg

とりあえずオレンジジュースをグラスに満たし
150403-7.jpg

サラダを取って
150403-8.jpg

トースターでパンを焼いて
150403-9.jpg

席に戻り
150403-10.jpg

焼き立てのトーストにバターをぬり、その上にエメンタール(チーズ)とハムを乗せてナイフとフォークで切りながら始めます。
150403-11.jpg

バターが浸みたパンとエメンタール、ハムのマリアージュ。
こうなると止まりません。
日本では高価なエメンタール。
150403-12.jpg

しばらく食べてません。
そう言えば、バターもかぁ・・・・。
さらに違うパンを焼いてバターとエメンタールで・・・・涙がでそうです・・・美味し過ぎて・・・。
150403-13.jpg

そしてボイルドエッグとチャーハン。
ボイルドエッグを食べる時、ナイフでこのように頭をカットして食べます。
150403-14.jpg

フランスのホテルでフランスの方々が皆さん当たり前のようにやっていたのを見て「カッコいい!」と思い真似しているうちにこれがデフォになってしまいました。
ただ、普通の食卓ナイフでやるので練習が必要です。
半熟で失敗すると手が黄色くなってしまうので硬ゆでから始めましょう。
何故か、チャーハン。
中国のジャスミン米を使った「杭州炒飯」。
玉子と少量のニンジングリーンピース、コーンを塩で味付けしたシンプルなものですが、本場だけあってとにかく美味い。
日本のチャーハンも好きですが、これは別物だと思っています。
そして〆にクロワッサンとヨーグルト。
150403-15.jpg

これは所謂「別腹」です。
今日も短時間勝負のため昼抜きになりそうなのでたっぷり「食い貯め」をしてレストランを後にしました。
150403-16.jpg

部屋に戻ると窓の外に、朝もやの中の見本市会場がありました。
150403-17.jpg

チェックアウトを済ませ
150403-18.jpg

見本市会場の
150403-19.jpg

レセプションを目指します。
150403-20.jpg

この広州見本市会場の大きさですが、約34万平方メートルもあります。
世界の見本市会場の大きさランキングでは、ハノーバー、ドイツ(46万)フランクフルト、ドイツ(36万)ミラノ、イタリア(35万)に次ぐ規模です。
因みに5位はケルン、ドイツ(28万)でケルンを6万平方メートルほど上回っています。
ケルンでも充分大きく圧倒されますが、それ以上なので気合を相当入れないと見られません。
日本で一番大きな見本市会場は東京ビックサイトで8万平方メートルなので、その大きさが想像できるかと思います。
レセプションで登録を済ませ、カードをホルダーに入れ首からぶらさげて
150403-21.jpg

リュックサックを預けます。
150403-22.jpg

なんとビックリです。
150403-23.jpg

去年までガラガラだった「荷物預かり所」(クローク)に大量の人がいます。
中国ではあまり荷物を預ける習慣が無かったのか、いつも外人だけでした。
ところが今年は地元の人ばかりです。
しかも、列を作っています。
ドイツのケルン家具見本市の時、クロークでいつも「いい思い」をしません。
ヨーロッパではクロークは当たり前です。
多分、コートが必需品だからでしょうか。
カウンターの前に「人だかり」が出来て、列はありません。
「カウンターに先に置いた者勝ち」で例え置いたとしても係の人に笑顔でアピールしないとなかなか預けられません。
慣れないと結構時間がかかり、あまりアジア系の方々は途中であきらめてしまうケースもあり利用しないようです。
今回、広州では逆に列を無視してカウンターに行く外人が並ぶように指示され、列の長さを見て諦めるケースも見られました。
列を作っても、ひとりひとり対応するため時間がかかります。
これならドイツ式に来た人をさばいた方が効率はあがりますが、「預けられる機会」が人によって変わってしまいます。
強引な人かラッキーな人が早く預けられるわけです。
一方、列の場合、機会は平等です。
どちらがいいかは、ケースバイケースですが少なくとも去年まで広州はドイツ式でした。
順番が来るとセキュリティチェックを受け
150403-24.jpg

リュックを預け(俊敏に行動できるようにリュックは最小限にしてあります)
150403-25.jpg

戦闘開始です。
150403-26.jpg

これは会場の地図です。
カラーで家具がカテゴライズされています。
150403-27.jpg

ひとつひとつの建物がとにかく大きい。
まだ朝なので
150403-28.jpg

広い会場に人もまばらです。
150403-29.jpg

おっと!
150403-30.jpg

カラフルな脚つきマットレスベッド。
6色カラーバリエーションのカバーはドライクリーニング対応の取り外し式で、マットレスはポケットコイル内蔵で29,800円(税込)7月入荷予定。
150403-31.jpg

ベッドは久しぶりです。
これは現在検討中。
150403-32.jpg

速足で歩きます。
150403-33.jpg

このソファーはポケットコイルをシートに内蔵して59,800円(税込)
150403-34.jpg

こちらもポケットコイル内蔵で69,800円(税込)
150403-35.jpg

どちらも6月中旬リリースを予定しています。

だんだん人が増えてきました。
150403-35-2.jpg

ブースには
150403-36.jpg

様々な家具が
150403-37.jpg

並んでいますが、チラ見で「いけるかいけないか」を瞬時に判断していきます。
150403-38.jpg

いちいち見ていてはプロではありません。
ムダな時間の浪費は体力の浪費になり、結果として判断力の低下につながって「なんかわかんなくなった」とか「これいけるかも」とマズイ物に手を出す事になるのです。
途中、大きなカフェテリアがありました。
150403-39.jpg

様々なジャンルの店があります。
スタバは今回初めて見ました。
150403-40.jpg

うーん・・・美味しそうな中華弁当です。
150403-41.jpg

ご飯を盛ってショーケースのおかずを3種選べます。
ここはガマン、ガマン。
ご飯を食べたら眠くなって仕事にならないからです。
会場は人が増えてすごい事になっています。
150403-42.jpg

更に違うパヴィリオンに
150403-43.jpg

行きます。
150403-44.jpg

次の会場は2層です。
150403-45.jpg

これはパス。
150403-46.jpg

これも。
150403-47.jpg

これは、脚がスティールなので安いけど今回は見送るか。
150403-48.jpg

このチェアはブルーで14,800円(税込)7月中旬リリース予定。
150403-49.jpg

脚はオークで座り心地抜群です。

ウォルナットのテーブル。
150403-50-1.jpg
150403-50-2.jpg

天板の木目の入り方や丸い形状、ヴィンテージライクで○。
150403-51.jpg

49,800円(税込)で7月リリース予定。

更に
150403-52.jpg

歩きます。
150403-53.jpg

少し足が痛い。

ここはイタリアの有名ソファメーカーのブース。
150403-54.jpg

とりあえずチェック。
カラフルなブースです。
150403-55.jpg

混んできて速く歩けません。
150403-56.jpg

シノワズリー!
150403-61.jpg

そろそろ最後の会場が
150403-62.jpg

近くなってきました。
150403-63.jpg

終了です。
150403-64.jpg

出口を出ます。
150403-65.jpg

今年からこの見本市も春だけ広州になり、秋は上海になるそうです。
150403-66.jpg

悔いはないか?と自問しながら、これから僕は3年ぶりの香港に向かいます。
150403-67.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 15:59:07|
  2. バイヤー&スタッフのブログ