NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年5月1日 バタフライテーブル

NOCEのバイヤーズブログ

2015年5月1日 バタフライテーブル

今週は、初夏を感じるような日が続き、半袖で過ごす日も多くなりました。
いよいよ明日からゴールデンウイークです。
僕は、カレンダー通りの休みで特にこれと言った予定はありません。
観光地は多分「激混み」で道路も大渋滞。
宿泊施設はどこもほぼ満室状態です。
とりあえず、一日はテラスのあるレストランで5時くらいから始めようと思っています。
5月の風に吹かれながらシャンパン。
そして6時半、「まだ明るい頃にはもうすっかり出来あがっている」です。
今の時期、日が暮れる時間が遅く余韻に浸れます。
他に何をするか・・・。
長水路(50mプール)でしょうか。
千駄ヶ谷の帰りに青山界隈を漂いながら気に入ったお店にふらっと立ち寄るとか。
それから、春の海もよさそうです。
まだ少し冷たい春の潮風に、キラキラ光る海と波・・・・。
砂浜に出来た風の造るドレープに想い出を沈めて・・・下北沢に帰ると辺りは夕暮れと雑踏・・・カウンターに座り・・・グラスに・・・一杯から始めて・・。
なんだか、飲みの理由探しになりそうです。
週末と連休のNOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、4日、5日とぐずつく地域もありますが全体的にはまずまずのお出掛け日和になるそうです。
ゴールデンウイーク、お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。
それでは素敵なゴールデンウイークをお過ごしください。

今週は、先週まで出張ブログを書かせていただいたので久しぶりに商品のご紹介をさせていただきます。
テーブルの端を折る事が出来るバタフライテーブルです。
150501-1.jpg

テーブルの両端を折ったり、伸ばしたりして必要に応じ
150501-2.jpg

天板の面積を調節する事が出来ます。
150501-3.jpg

このような伸長式タイプのテーブルは、形状によって微妙に呼称が変わっています。
よく日本ではエクステンションテーブルなどと呼ばれていますが、まつ毛の「エクステンション」から派生したのかわかりませんが、基本はExtendable Table又はExtending Tableといわれています。
正確に言えばPossible to extendなテーブルでしょうか。
ただ、これは伸長式テーブルの総称でタイプ別にはドローリーフテーブル、ゲートレッグテーブル、ドロップリーフ(バタフライ)テーブル、に分けられます。
ドローリーフ(Draw Leaf)は、天板の左右の下に小さい天板が収納されてそれを引き出して伸長させるテーブルで文字通りリーフ(板)を引く(ドロー)わけです。
それに対しゲートレッグテーブルは、テーブルの両端が折れているのはバタフライと変わりませんが、伸ばす時にそれを支える折りたたまれた脚があるテーブルです。
16世紀のイギリスが始まりで、チューダー様式のオケージョナル家具の代表です。
アンティークショップでも人気商品で、日本でも流行った事がありました。
一方バタフライは、テーブルの端が折れ、伸ばした時に支えるものが脚ではなく棒状の物を天板下から引きだして使用するテーブルです。
左右の折れた板がまるで「蝶の羽根のよう」だからでしょうか。
ただ、バタフライテーブルも一般的には「卓球台」を意味し、エクステンション同様に和製英語のような気がします。
正確には、左右のリーフ(板)が落ちる(ドロップ)ドロップリーフテーブルが一般的です。
そこで日本で、馴染みの深い「バタフライテーブル」と命名させていただきました。

デザインの特徴は、脚と天板の形状にあります。
150501-4.jpg

脚は4本とも対角線上に外に開いています。
150501-5.jpg

折りたたむ天板の形状は、端に向かって切り込みが入っています。
150501-6.jpg

これは、テーブル表面の有効面積が少なく効率的ではないように感じられますが、ここに切り込みを入れる事により人の脚がぶつからない利点があるのです。
通常のバタフライは丸か角ですが、丸は足元のクリアランスは確保されますがテーブルの表面積は少なくなってしまい、角は表面積の有効性は確保されますが足が当たってしまいます。
この両者の長所を活かしたデザインになるわけです。
折りたたまれたテーブルの端を
150501-7.jpg

持ち上げてテーブルの下にある「支え棒」を引き出し、持ち上げたテーブルの下に引っ張って固定すると完了です。
150501-8.jpg

ドローリーフテーブルの場合、天板に物が載っていると天板を持ち上げにくく手を挟んだり、載っているものが落ちたりする可能性がありますが、バタフライの場合は関係ありません。
テーブルの配置としてはこのように折れたテーブル側を壁に付けると一層お部屋のスペースが有効に使えます。
150501-9.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系からシンプルと幅広く溶け込みそうです。
素材は、アッシュ天然木で天板はチークがチーク天然木突板でナチュラルがアッシュ天然木突板になっています。
カラーは、チークと
150501-11.jpg

ナチュラルの2色のご用意になります。
150501-10.jpg

カラーにより表情がまったく異なってみえますのでお部屋のコーディネートでご検討いただければと思います。
さて、価格ですがこの素材と雰囲気で26,800円(税込)とかなりコストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。
とにかく、使い勝手がよく雰囲気や質感のよいテーブルです。
是非、実物をNOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

NS9269バタフライテーブル
¥26,800(税込)
幅79~138.5×奥行79×高さ75.5cm
※組立式
スポンサーサイト
  1. 2015/05/01(金) 14:43:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ