NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年5月15日 2015年のゴールデンウィーク
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2015年5月15日 2015年のゴールデンウィーク

先週は、仕事日が2日しかなく一週間分の仕事を凝縮してやらなければなりませんでした。
特に海外は、ゴールデンウィークは関係ないのでメールバックするだけで結構な時間がかかってしまいます。
しかも、メールバックの返信が直ぐに来るのでなかなか終わりません。
そんな感じで先週は、ブログまで到達しませんでした。
ゴールデンウィークが終わった今週ですが、初夏を思わせるような気温が続いています。
チェコに「気温が30度」と伝えると、「海で泳がないのか?」と聞かれてしまいました。
台風は来るし本当、夏です。
このまま暑い日が続くと本当の夏はどうなってしまうのでしょうか・・・・。
最高気温50度とか。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日はほぼ全地域であまりスッキリしないお天気になるそうですが、日曜日は福岡を除いて恵まれるそうです。
お出掛けの際には是非、NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、カフェ系の王道と言えるダイニングチェアです。
150515-1.jpg

バイイングは去年の9月でしたが、諸事情により遅れてしまい、リリースが3月中旬になってしまいました。
好評で初回入荷分が既に在庫切れになりそうなので、昨日慌ててリピートオーダーをかけました。
新商品のリリースは、いつも「ヒヤヒヤ」ものです。
まず、「売れなかったら・・・」で、次に品質です。
品質が見本と違う場合や、部材の品質を落として出荷されてしまう事もあるのです。
今回のチェアですが、品質の問題や見本との相違はありませんでしたが、組み立て式でその方法に若干課題がありました。
生産者は「問題ない」との事でしたが、チェアの組み立ては結構難儀です。
ただネジを締めて完成させるだけでは済みません。
微調整をしないと「ガタつき」がでてしまうのです。
大体のお客様は「組み立ては初めて」です。
微調整自体が難しい上、穴が微妙にずれているとネジを締めたり、緩めたりしながら合わせていかないと上手く合いません。
これでは、簡単に組み立て出来るわけありません。
600本以上ありましたが、結果として全て組み立てての出荷となりました。

さて、チェアに話を戻して、まずデザインの特徴ですが丸みを持った背もたれと
150515-2.jpg

脚の形状にあります。
150515-3.jpg

特に背もたれのフレームと一体化した後脚は
150515-4.jpg

後方と側方に開き、背もたれとシートを支えています。
150515-5.jpg

そして、座面のRとミックスされ曲木のようなフレームに曲線はないものの全体的な印象はとても柔らかなものに仕上がっています。
150515-6.jpg

フレームの素材にはチークと
150515-7.jpg

ナチュラルにはアッシュとどちらの素材も艶を落とした仕上げで、木目がとても綺麗に出ています。
150515-8.jpg

シートのカラーはイエローと
150515-9.jpg

ブルーの2色で、フレームはアッシュナチュラルとチークの2種類になります。
150515-10.jpg

木目を活かした木の素材感と曲線を意識させたデザインが、ファブリックの色と絡んで絶妙なバランスを全体に与えています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですがシンプルでも充分活用できそうです。
シートのカラーにアクセントがあるのでカーテンや壁の色とコーディネートさせると一層引き立ちます。
さて、価格ですが14,800円(税込)とこの素材とデザインを考慮すれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
深めの座面に曲線が強調された背もたれは、デザインだけではなく座り心地の良さも同時に与えてくれます。
実物を是非NOCE(ノーチェ)各店にてお試しいただければと思います。

NS9268ダイニングチェア
¥14,800(税込)
幅53×奥行52×高さ79(48.5)cm


今年のゴールデンウィークは、どこにも行きませんでした。
正確に言えば日帰りの海だけでした。
土曜日、連休初日、比較的に道路が空いていたので九十九里海岸まで行きました。
京葉道路が少し混んでいたくらいで往復スムースでした。
150515-11.jpg

帰りに昼ごはんを食べようと思ってコンビニに寄ろうとしたら、「なんかいつもと同じじゃつまらない」と思い地元のスーパーに行きました。
いつもと違う品揃えで新鮮でした。
とりあえず、おいしそうな弁当をゲットして肉売り場へ・・・クセなんです・・・知らないスーパーに行ったら肉売り場とワイン売り場に行くこと。
肉売り場に行くと「卯の花牛」という九十九里産の牛肉が売っていました。
おからをベースにした飼料を与えているそうです。
見た事ありませんでした。
なんか美味しそうな上に安い。
それもサーロインです。
160gで1600円。
下北沢では考えられません。
でも・・・1600円は高いかぁ・・・けど「どこかに行ったつもりで買っちゃえ」と。
何年ぶりでしょうか、和牛サーロインの霜降り。
塩のみで味付けしてグリルパンで炙って、少しいつもより高めのワインで。
最高でした。
日曜日、昼間ベースを弾き続けていました。
多分、4時間はやっていたと思います。
先日、調整に出したフェンダーのジャズべーが帰ってきて、弦高下げてもらいネックも調整してもらったのでスラッピングの曲ばかり夢中になって弾いてしまいました。
夕方、「どこかに行ったつもり」で代々木上原にあるシーフードのレストランのテラス席を5時から予約して友人とやりました。
出来あがるのが早くて、下北沢に帰って近所のバーで飲み直したらしいです。
記憶がありません。
月曜日、朝からプールでクロール、ノンストップで1時間、約3キロ。
「いつもの仕事帰りのプール」より早いラップで泳げました。
「仕事帰り」は、やはり疲れている事を知りました。
昼ごはんと夜ごはんを買うために、プールの帰りにスーパーへ。
昼は、やきそばを作る事にして、肉売り場に。
なんと、5等級のシャトーブリアン(ヒレ、テンダーロインの中央部の最もいいところ、牛1頭からヒレ肉が4キロでシャトーブリアンはたった600グラムしかとれない)があーるじゃありませんか。
見た事ない肉です。
テンダーロインだって高根の花です。
100グラム2,600です。
「どこか行ったつもりで」エイ!と買い物かごに。
シャトーブリアンに似合うワインが無ければと、いつももより高級な「スーパータスカン」を。
肉とワインだけで6,000です。
火曜日、この日はフェンダージャズべーではなく、シェクターの5弦フレットレスを5時間近く弾き続けました。
夜は馴染みの、レストランへ。
店の記念日だったし、連休どこも行かなかったので何時もより高いワインをお願いしました。
7,500円、ワインだけで。
そして、気持ちよくなってしまったらしく帰り道に顔見知りのワインショップで「連休どこも行かなかったので何かスペシャルなワインを」と言ったらしいです。
翌日、財布のレシート見てビックリ。
5,000円もするワインを無意識で買ってしまったみたいです。
後日、ショップの人に聞いたら「とても楽しそう」だったそうで、ソムリエと話して選んだそうです。
記憶が全くありません。
それでもセラーにちゃんと入っていました。
水曜日、母親を検査入院のため車で病院を往復しました。
帰りにデパ地下で昨日買ったボルゲリ(イタリア)のワインに合うおかずを買いました。
和幸のヒレカツをメインにサラダと点心を少々。
ボルゲリとヒレカツ(オリーブオイルでやります)最高でした。

あっという間にゴールデンウィークが去っていきました。
多分、どこかに行った方が安くついたと思います。

スポンサーサイト



  1. 2015/05/15(金) 15:43:39|
  2. バイヤー&スタッフのブログ