NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年2月12日 久々のライブ

NOCEのバイヤーズブログ

2016年2月12日 久々のライブ

今週は、少し寒さが和らいだような日がありました。
空を見上げると春のような空で、明日は春1番が吹くとの予報です。
そう言えば、今朝「アインシュタインの相対性理論が実証されるかも」との見出しがありました。
もし、実証されれば人間が過去の時代に行くのは不可能でもその時代を映像で見る事が出来るようになるかも知れないのです。
例えば、今見えている星の光は1億年前の光で、その光にカメラのようなものを載せれば過去を見る事が出来ると言う事です。
何時の時代が1番見たいでしょうか。
恐竜、それとも豊臣秀吉、富士山より大きかった八ヶ岳ですか。
それでもきっと実現は100年以上先の話で、今の時代の人は「見られる時代の人」になっていると思います。
「昔、人類と言う生物がいた」とか・・・なんて。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域でくもりや雨とあまりスッキリとしない天候になるそうです。
ただ気温は高くなるそうで、日曜日は関東で23度との予報です。
半袖で過ごせそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

1年位前から通うようになった飲み屋があります。
月に3回か週1ペースで行くようになりました。
そして、いつもいらっしゃる常連の僕より10以上年上の「おじ様」と会話するようになりました。
会社帰りにお立ち寄りになるようでいつもスーツにネクタイです。
話の流れで、その方が「昔バンドをやっていた」とおっしゃるので僕も「プロを目指している頃もあった」となって、「いつか一緒にできるといいですね」で終わっていました。
それが、1ヶ月前「今度の2月14日にライブやるんだけど、やらない?」と突然言われました。
いつも弾いていても「人前でいつやったのか、わからない」くらい遠い過去の話なので正直、気乗りしないので「バレンタインデーは、チョコレートの回収で忙しいから」と嘘ついてやんわり断っていました。
しかも、ギター(アコギ)2本のバックでベースです。
そして、あまりやった事がないカントリー。
それにスラッピング(チョッパーとも言う)を入れて欲しいと。
聞けば、彼の通う「自由参加型ライブバー」の行事だそうです。
そう言えば最近、この手のライブバーよく見かけます。
下北沢にも知っているだけで3件あります。
勿論、参加した事はありません。
そして会うたびに誘われるうち、「こんな偶然もありかも」と思い「リハをやる」と言うのでまずは「リハやって判断しよう」と考えを変えました。
「まずは譜面を」と言って譜面をもらいましたが、なんと歌詞の上にコードが書いてあるどこかの「うた本」のようなものでした。
5曲でしたが全部聞いた事ないので、歌詞だけでベースは弾けません。
なんとかお願いしてリハまでにコードを小節に区切ってもらうようにしました。
そしてリハは、夜7時半から秋葉原でした。
その日は、プールの日なのでロッカーに楽器を入れて75分ノンストップクロール、そしてシャワー浴びて楽器を担いで駅に向かいます。
すれ違う人の視線を感じました。
「この街で楽器持っている人は普通なんだけどなぁ」と思ったら、寒空の下にもかかわらず、汗が止まらず顔には玉の汗、髪の毛は濡れてくるし、体からは湯気が出ているではありませんか。
まるで「すでに熱いライブをやったあと」みたいです。

下北沢から小田急線に乗り新宿で
IMGP5525.jpg

総武線に乗り換え
IMGP5529_20160212161803f14.jpg

秋葉原で
IMGP5534.jpg

降りました。
IMGP5535.jpg

秋葉原で降りるの初めてです。
IMGP5539_20160212155412fb3.jpg

秋葉原と言えばメードカフェです。
AKBです。
と、思ったら呼び込みもなく普通の街と変わりませんでした。
簡単に「夜ごはん」と思って辺りを見回すと、こんな所に「箱根そば」がありました。
IMGP5542_20160212160802e13.jpg

「小田急沿線だけ」と思っていたので意外です。
昔、地上に駅があるころ下北沢にもありました。
ミニ天丼と冷たいそばのセットですが、全然ミニではありません。
これで550円、下北沢にも帰ってきて欲しい。
なんとなく懐かしい香りがする線路沿いの道を歩いて行くと
IMGP5545_20160212160605ef2.jpg

スタジオの看板がありました。
IMGP5550_20160212160607999.jpg

階段を降りてロビーにいくとおじ様と彼の相棒のギターの方がいらっしゃいました。
IMGP5551.jpg

「はじめまして」と会釈をしてスタジオに入ります。
これは、スタジオで借りた(有料)ジャズベースです。
IMGP5553_201602121620250f6.jpg

基本はフレットレスでやるつもりでしたが、スラップをやるのでフレットのあるベースが必要です。
2本持って行けないので借りる事にしました。
順ぞりの上、弦が古くて鳴りがイマイチですが、借り物なので仕方ありません。
当日は、フェンダー(70年代)のジャズベーを持っていきます。
これは、愛用のシェクター5弦フレットレスです。
IMGP5555_20160212160608248.jpg

よく鳴いてくれます。
譜面と実際の曲のすり合わせがもう少し必要ですが、なんとか着いていけました。
ギターX2とベースのトリオです。
練習はこれで終わり。
後は当日の本番前のリハのみ。
後は上手くいく事を祈るだけです。
練習が終わり、スタジオを後にしました。
IMGP5557_20160212160609ed0.jpg

アフターミーティングで「軽く一杯」誘われたのですが、時間が遅い事と明日の仕事を考えて次回と言う事にしました。
駅に向かって楽器を担いで歩いていると、遠い記憶の中に「ミュージシャン」を目指している頃が浮かんできました。
IMGP5561.jpg

その道をあきらめた日がありました。
徐々にやめる事はなく、正確に言えば「あきらめた日ではなく、あきらめた瞬間」でした。
ぶら下がっていたロープを離すように。
僕のバックの中には、家具の本と水泳用具、そしてファイルに入った5枚の譜面がありました。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/12(金) 15:13:56|
  2. バイヤー&スタッフのブログ