NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年2月26日 素材感豊かなテーブル

NOCEのバイヤーズブログ

2016年2月26日 素材感豊かなテーブル

今週で2月も終わりです。
もう桜のつぼみが膨らみ始めていますが、まだ寒い日が続いています。
水曜日の夜は、雪がちらつきました。
先日、札幌に用事で出かけました。
日帰りのつもりが、天候のため最終便が欠航になってしまい、振り替えられた前の便も条件付きでした。
その条件が、なんと「羽田がダメだった場合、関西国際空港」だったので空港から引き返して札幌の夜を楽しむ事にしました。
ジャズライブバー、ワインバーとはしごして・・・・、辺りは雪が積もってと飛行機のおかげでトリップすることができました。
札幌のおみやげといえば、定番の「白い恋人」ですが冗談をこめて「黒い恋人」を買ってしまいました。
前に、類似商品で「おも白い恋人」で問題になりました。
「尾も白い恋人」ではなく「面白い恋人」だと思います。
今度「黒い恋人」に対し「はら黒い恋人」では・・・・・絶対売れません。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域の天候ですが、土曜日、新潟、関西、広島、福岡は雨やくもりとスッキリしませんが、日曜日は、新潟、福岡を除いて恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材を使用し表面をオイルで仕上げた素材感たっぷりなダイニングテーブルを御紹介させていただきます。
160226-1.jpg

デザインは、オーソドックスでスクエアを強調したシンプルなものです。
特徴は、天板に対して太い四角形の脚で「ファーマーズテーブル」や「ファームヤードテーブル」と呼ばれるカントリースタイルのテーブルが基本です。
160226-2.jpg

イギリスでパイン材を使いオイルで仕上げたものが有名で、日本でもカントリーブームの頃よく見かけました。
そして、20年位前にアッシュ材にヴェンゲと言うかなり「ブラックに近い濃い茶色」でステインされたテーブルが、「禅スタイル」として流行しました。
よく、ヨーロッパのインテリア雑誌に浴衣を着たカップルが羅列された漢字のパーテーションを背に低いソファに座り、白い皿にならんだ寿司と餃子を食べるシーンが見られたころです。
日本食ブームの頃でした。
「FUTON」と言うベッドも流行りました。
そのブームが去った後、ナチュラルオークにオイルステインされたテーブルが流行りました。
これは、ババリアカントリースタイルと呼ばれるもので(ババリアは南ドイツのバイエルンの南側)骨太で素朴なドイツらしいテーブルでした。
ただ、ソリッドオーク(無垢材)を使用しているため、180cmのテーブルが30万ととても手が出る金額ではありませんでした。
しかも、オークをふんだんに使用しているため無骨過ぎて日本の家屋には馴染めそうもない感じです。
さて、今回のテーブルですが、ブリティッシュカントリー、禅、ババリアンと来てかなり洗練された感じに仕上がっています。
160226-3.jpg

前3者と較べると別物に見えます。
ひとつは天板の厚みによるものと思います。
天板はオーク無垢材(集成無垢)を使い、厚みを押さえてあります。
160226-4.jpg

脚と天板の厚みのバランスを見るとそのスッキリ感がおわかりいただけるかと思います。
160226-5.jpg

そして更に上質な雰囲気にしているのが、仕上げのオイルステインです。
160226-6.jpg

綺麗過ぎず、ラフ過ぎずと絶妙なバランスの取れたステインで、木目を大変美しくさせています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系、シンプルとデザインがシンプルでナチュラル色が濃いためオールマイティに対応します。
また、最近のブルックリン系でもこのスタイルのテーブルをよく見ます。
合わせるチェアは、曲木035ブラック、DC231Aウォルナット、ブラック、T3534、T3533などで、かなりその色が濃くなります。
もちろん、木製チェアならオークだけではなく
160226-7.jpg

ウォルナットでもいけます。
160226-8.jpg

素材は、オーク天然木無垢でオイルで仕上げています。
サイズは120×80×72.5㎝と
160226-9.jpg

150×80×72.5㎝の2種類になります。
160226-10.jpg

さて、価格ですが120が58,000円(税込)と150が64,800円(税込)とこの素材感と雰囲気から考えられないくらい格安です。
ただ、ウイークポイントがあります。
現段階で改善策を検討していますが、このオイルステインが熱に弱いらしく使用前や使用中に乾いた布でふき取っていただく事と、全部とは言えませんが集成無垢の欠点で使用中にクラック(ひび)が入ってしまうと言う点です。
どちらも味と思えば問題なく、それを上回るくらいのパフォーマンスがあります。
ブルックリン好きの人は「クラックが入った方がカッコいい」と言っていました。(アメリカ人)
ソリッド(無垢)の証拠だからそうです。
個人の趣味にもよりますが、「オイルが浸み出さないように、そしてクラックが入らないように」と作るとどうしても綺麗なものになってしまい、ナチュラル感が損なわれてしまいまい、その上コストもかかります。
この欠点を差し引いてもパフォーマンスは充分あると思います。
是非、実物をNOCE(ノーチェ)各店にてご確認いただければと思います。

MK-DTPB-V120テーブル
¥58,000(税込)
幅120×奥行80×高さ72.5㎝
※組立式

MK-DTPB-V150テーブル
¥64,800(税込)
幅150×奥行80×高さ72.5㎝
※組立式
スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 15:04:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ