NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年6月24日 ブレース構造を持つダイニングテーブル

NOCEのバイヤーズブログ

2016年6月24日 ブレース構造を持つダイニングテーブル

今週は、カラ梅雨で雨が降らないと思っていたところ、突然日本各地で大雨が降りました。
昨日、午前中は雨で午後は一転晴れと荒っぽいお天気でした。
今日は、イギリスの国民投票で離脱派が勝利して金融市場は大混乱です。
僅差の勝利で本当に離脱が成立するのでしょうか。
ヨーロッパと言えば、先日チェコのTON社とのメールの交換の中で「今、ヨーロッパは、記録的な少雨」との事でした。
川が渇水して土壌が乾燥し、そこに突然の大雨で先日の記録的な洪水を引き起こしたらしいです。
まるでアマゾンのような話です。
今後、農作物の影響が心配です。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域でぐずつき、日曜日は札幌を除いてまずまずになるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新商品のナチュラルテイストに少しスパイスを効かせたダイニングテーブルを御紹介させていただきたいと思います。
160624-1.jpg

バイイングは、今年の初めでした。
デザインは、ファームヤードテーブルとかファーマーズテーブルと呼ばれるカントリースタイルに基づいています。
それがカントリーに見えない理由は、いくつかあります。
そのひとつは、薄い天板です。
160624-2.jpg

ファームヤードテーブルは、カントリーらしく素朴感や無骨さが売りなので天板は厚く作られています。
このテーブルは、天板を薄くする事によりシャープで洗練された印象になっています。
次に脚の構成です。
160624-3.jpg

斜めに付いた4本の脚にブレースを施し、テーブルのセンターに寄せる形で脚と天板を支えています。
所謂、「ブレース構造」と呼ばれるもので先週ご紹介させていただいた物と同じで、幾何学上3角形で構成されます。
鉄骨等の建築現場でよく使われるもので、最小限の部材で最大限の補強を可能にすることが出来るのです。
この構造をテーブルの側面から見るとよりわかり易くなると思います。
160624-4.jpg

ここから見ると、デザインは完全にインダストリアル系で最もこのテーブルが美しく見える角度です。
因みに、カントリースタイルのテーブルの構造は「ヌキ」で構成されます。
NOCEの家具で言えば、MKDTSO160が該当します。
4本の斜めに付いた2本の脚に棒状のものをボトム近くで(テーブルを横に前から見て)それぞれ前後に天板に対し平行に入れ、その2本の棒を中央で繋げる構造です。(中央の棒は天板に対し平行です。)
最後に4本の脚の形状です。
160624-5.jpg

平たい4本の脚の板は、丸く角が取れているわけでもテーパードされているものでもありません。
それをブレース構造で構成しているのです。
まるで、「建築工学に基づいてラフに作ったら無骨なテーブルが完成した」みたいな感じで、ある意味素朴感があります。

素材は、オーク天然木突板を天板に使用し、他の部分は無垢を使用しています。
仕上げはクリアで艶を落としたマットです。
160624-6.jpg

マット仕上げのため天板の綺麗な木目が強調され、高級感さえあります。
インテリアの観点から、ブルックリンやインダストリアル系が中心ですが、素材感からナチュラル、カフェ系、シンプルまで幅広く対応してくれそうです。
合わせるチェアは、特にこだわらずデコラティブやクラシック系でなければ概ねOKです。
ブラックフレームの木製チェアやスティール製のチェア、グレーファブリックやPUブラックのチェア等との相性は抜群です。
035チェアのブラック(9,800円税込)と合わせるとブルックリン系になり、T3534M1チェアのブラック/ナチュラル(7,980円税込)と合わせるとインダストリアルの色が濃くなります。
さて、価格ですが58,000円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば、決して高価とは思いません。
ナチュラルを今風にアレンジし、何か新しいトレンドを感じさせるテーブル、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

J3373ダイニングテーブル
¥58,000(税込)
幅160×奥行90×高さ76㎝
※付属の六角レンチとスパナで脚部とフレームの取り付け

スポンサーサイト
  1. 2016/06/24(金) 16:52:45|
  2. バイヤー&スタッフのブログ