NOCEの家具バイヤーズブログ 2008年11月21日 2008円高差益還元セール
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2008年11月21日 2008円高差益還元セール

めっきり朝晩、寒くなってきました。
昨晩も流星群を見ようと外にでたのですが、
寒くてひとつも見る事もなく帰ってしまいました。
3連休ですが、最終日の月曜日に少しくずれそうですが、
前半は好天に恵まれ絶好の行楽日和になりそうです。

今週は、めずらしくイタリアからの入荷です。
スポット買いなので売り切り御免の商品です。
(リピートはなく売り切れた段階で販売終了)
以前から付き合いのある会社でやはり売れ残りの処分品です。
ユーロ安も手伝ってアジアのチェアより安くなっているので、
お買い得だと思います。
色は2色で薄いグレーと若干異なる薄いグレーになります。
メーカーのストック処分品のため安さが売りですが、
高級感を求める方にはお買い得といえます。

9020チェア.jpg 9020チェア ナチュラル×グレー(写真左)、 ライトグレー(写真右)
¥6,980
W46×D53×H93.5(46)cm
Made in Italy
※下北沢店、梅田店を除く各店に展示があり。

最近、外国為替がすごい勢いで動いています。
特にユーロには激しいものがあります。
上司からも「円高差益還元セールとかできない?」と聞かれるのですが、
実は結構難しいものがあります。
まず、既に輸入してお金を払って(円高前)しまっているものは当然無理です。
これからも円高が続くと読んでもし値段を下げるなら、
これはセールではなく単なる値下げにしかならず、
また今度円安に振れた時に価格を再度あげることは難しくなってしまいます。
少し難しい話になりますが、
このリスクを防ぐために、
また価格を安定させるためにあらかじめドルなどの外貨を先に買っています。
普通これを予約というのですが、
昨今この手法が複雑になっていて
デリヴァティブと呼ばれる金融派生商品を利用して
5年先、10年先のドルまで買えることができます。(外貨オプション)
これが、だいたい円安のころに外貨銀行と契約しているので
いくら為替が円高に振れても
その契約時の価格でドルを買わなければならないので、
商品の決済(支払い)はもとの円安水準でしなければなりません。
ちなみにこれについて契約したのは、
僕じゃないので僕の責任ではありません。
「円高差益還元セールとは、
クリスマスセールとか、
ヴァレンタインセールとあまり変わりなく、
ただの名目に過ぎないのでセールをしないNOCEの方針とちがうのでは。」
と言っているのですが上司はわからないようです。
しかもオプションのせいにすると
直接取締役の責任を追及することになり
「バイヤーごときに何がわかるか」と言われ、
年末に職を失うかもしれません。

一方ドルが安くなるという事は、
先方のメーカーにとっては収入が減る事になるので必ず値上げを要求してきます。
死活問題だからです。
これを拒絶すれば取引は中止になりますが、
もし相手がこの拒絶を飲んで継続をしたならば
結果は手抜きや質の低下という形でしっぺ返しを食らいます。
すごく難しい問題です。

それでも、今回のイタリアのチェアは決済がユーロだったので、
オプションの影響は受けなかったらしいです。
そのため、当初予定していた7980円よりも1000円も安く出せる事になりました。
本当なら7980円に×印をして差益還元といきたいのですが、
見え透いていて真実がわからなくなってしまうので「イヤだな」と思い
ストレートに表示しました。
と言っても、
「ながながともったいつけてブログで説明して
ちゃんと還元セールやってるじゃん」
と言われそうですけど。

そういえば、先週このブログで書いた池尻周辺のビストロに行ってきました。
友達を誘って4人で行きました。
パリの裏通りにあるような雰囲気で
料理もビストロって言う感じでとてもよかったです。
かなり食べて騒いで
ワインボトル白2本(ランクドックのシャルドネ)と
赤2本(南アフリカのメルロー)の計4本と
生ビール2杯、
クローネンブルグ一本で
なんと
一人7000円で少しおつりがきました。
もちろんお腹いっぱいで、
意識はかなり遠方にいって大満足でした。
みんなが大?酒飲みだったので
もしここまでやらなければもっと安くやれます。
ワイン2本減らせば5000円に近づきます。
このレベルだとナショナル居酒屋チェーンよりも安いかもしれません。
「ビストロ恐るべし」でした。

スポンサーサイト



  1. 2008/11/21(金) 12:22:17|
  2. バイヤー&スタッフのブログ