NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年10月7日 ミッドセンチュリーなローテーブル
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2016年10月7日 ミッドセンチュリーなローテーブル

今週、10月に入り季節は秋かと思いましたが、30度を超える真夏日が続きました。
東京の「10月の真夏日」は、3年ぶりだそうです。
近所の神社では、セミが鳴いていました。
そして水曜日の夜、突然強い風が吹き、雨が降り出しました。
雨が止んだ空には、早い雲が流れていました。
街の灯りに染められた低いむらさき色の雲は、流れては隙間に星を残していきました。
そして、今日(金曜日)は涼しい風が吹き、秋らしい日和になっています。
一昨日の暑さで羽化してしまったセミは、どうなってしまうのでしょうか。
今週末は体育の日が絡む3連休です。
秋の運動会と言えば抜けるような青空ですが・・・・。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土日は全地域でくもりや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうですが、月曜日は札幌を除いてまずまずとなるそうです。
3連休、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、細いブラックスティールの脚を持つオーバルローテーブルのご紹介です。
IMG_3992.jpg

デザインの特徴は薄い楕円状の天板と脚です。
特にミッドセンチュリー系デザインの脚が全体の雰囲気を決定しています。
161007-2.jpg

このデザインに薄い天板を組み合わせると、シャープになり過ぎ無機的な印象が強調されますが、曲線で構成されたオーバルの形状が雰囲気を和らげています。
そして、天板に木目が綺麗な天然木突板を使用する事により、ナチュラル感も加わり柔らかなイメージになりました。
インテリアの観点から、クセがありそうなデザインに見えますが、インダストリアル、ブルックリンから、カフェ系、ナチュラル、シンプルと天然木を使った天板が雰囲気を和らげるためオールマイティに使えそうです。
天板の素材は、ウォルナットとオークの2種類になります。
161007-3.jpg

ハードなインテリアシーンでもカフェっぽくなったり
161007-4.jpg

ブルックリン風になったりとオールラウンドなのが解ります。
161007-5.jpg

オークの場合も同じです。
161007-6.jpg

さて価格ですが、13,800円(税込)とお手頃な設定となっています。
実物を是非NOCE各店でお確かめいただければと思います。

センターテーブルBF7543
¥13,800
幅105×奥行60×高さ45.5㎝
※組立式

スポンサーサイト
  1. 2016/10/07(金) 18:22:06|
  2. バイヤー&スタッフのブログ