NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年11月18日 エッジにカットを入れた円形カウンターテーブル

NOCEのバイヤーズブログ

2016年11月18日 エッジにカットを入れた円形カウンターテーブル

今週、秋も深まり街路樹の葉もかなり色付いてきました。
11月もアッと言う間に過ぎ、気が付けば来週は「サンクス・ギビング・デイ」です。
日本では、勤労感謝の日が23日で、感謝祭は25日です。
アメリカでは、この日から年末商戦が始まり、バーゲンを始めた店は黒字になる事から「ブラック・フライデイ」と呼ばれています。
感謝祭と言えば、「七面鳥、ターキー」ですが日本ではあまり馴染みがありません。
勤労感謝の日も意識は低く思います。
11月22日が「いい夫婦」の日なので、11月23日は「グッド・ブラザーズ・デイ」なんて考えると、11月は記念日の嵐です。
11月29日「ブッチャ―ズデイ」、11月28日は「グッド・ガーデンズ・デイ」11月25日は「グッド・ツインズ・デイ」、11月15日「グッド・ドッグス・デイ」11月8日は「グッド・ティース・デイ」以上いっぱいありますが、この中に本物の記念日認定されたものもあります。
さて、11月7日は・・・・?
「グッド・ワン・シックス・バンキングス・デイ」でしょうか。
最後に11月1日・・・・「川の日」ですって。
そしてワン・ワン・ワンで、「犬の日」だそうです。
すみません、少しターゲット外してしまいました。

今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で雨やくもりとスッキリとしないお天気で、日曜日は札幌と新潟を除いて他の地域は恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、円形の天板のカウンターテーブルを御紹介したいと思います。
161118-1.jpg

カウンターテーブルと言えば、バーやカフェ等の飲食店に置くものとして「一般家庭ではちょっと・・・」と想像してしまいますが、欧米では意外と家庭に置く事に違和感はないようです。
現実、海外の展示会では当たり前のように4チェアに長方形のダイニングセットが展示されています。
日本では、畳の文化なのでより馴染み難いのでしょうか。
スタンディングバーもヨーロッパでは普通です。
日本で言うと「立ち食い」はあまりポピュラーではありません。
「立ち食いそば」も時間短縮のためと限定されます。
習慣の違いでしょうか、ヨーロッパの街角ではスタンディングバーで立ったまま1時間以上談笑している光景をよく見ます。
日本でもスタンディングバーが流行った頃、よく欧米の方々が利用している場面を見ました。
さて、カウンターテーブルですが、家庭に置いても使い方によっては重宝します。
朝の忙しい時など、立ったまま食べられ、食事をテーブルに並べるのも楽です。
夜は、少し凝ったペンダントライトで演出するとバーのような雰囲気にもなります。
今回、ご紹介させていただくカウンターテーブルの売りは、以上のようなカウンターテーブル自体の仕様に少し味付けをしているのです。
それは、円形の天板のエッジに切り込みを入れ、壁に着けても使用できるようにしてある事です。
161118-2.jpg

円形のテーブルは、スペースを取ってしまうのでこの仕様により、置き易くなったかと思います。
狭い部屋でも、バースペースを作る事が出来るかもしれません。
窓辺につけて食事の後に一杯とか・・・・・朝は、外を見ながらサンドウィッチとコーヒーとか・・・。
インテリアの観点から、フレームがブラックなのでカフェ系やブルックリン系が中心ですが、天板に天然木を使っているのでナチュラル系でもいけそうです。
目的がハッキリしているので、お部屋を限定せずこなせそうです。
このように、スツールと合わせるとブルックリン系の雰囲気が楽しめます。
161118-3.jpg

素材は、脚にスティールでブラックの艶消し粉体塗装を施してあります。
161118-4.jpg

天板は、オーク天然木突板と
IMG_2960.jpg


ウォルナット天然木突板の2種類のご用意があります。
161118-6.jpg

天板が60cmと小ぶりなうえ、カットしてあるので更に置き易くなっていますので、「お部屋のバースペース」もお気軽に実現できそうです。
さて価格ですが、なんと9,980円(税込)と価格もお手頃です。
バースペースも気軽に作れそうです。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

カウンターテーブルBF7550
¥9,980(税込)
幅60×奥行54.5×高さ84㎝
※ 脚部を付属の六角レンチで取り付け
スポンサーサイト
  1. 2016/11/18(金) 17:27:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ