NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年1月27日 ケルン国際家具見本市 2017 3
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年1月27日 ケルン国際家具見本市 2017 3

今週も寒い日が続いています。
街も夜深くなるととても静かになります。
ただ今日は、少し寒さが和らいでいる気がします。
日の光と空を見ると季節が春の色に変わっている事がわかり、梅の蕾も膨らんできました。
中国や韓国では、明日土曜日が日本の正月にあたり、横浜の中華街も賑やかになるのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌は土日とも雪と、日曜日の名古屋、大阪広島、福岡でぐずつく以外は、概ね恵まれるそうです。
少し寒さが和らぎそうな週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

去年、10年パスポートの有効期限が切れそうなので更新にパスポートセンターに行きました。
そこで「何時からケルンに行かなくなったのか」をドイツのスタンプを探すため、期限間近のパスポートのページをめくると、2012年の「飛行機のマーク」があるフランクフルトとイギリスのスタンプが見つかりました。
あれから5年かぁ・・・と。
そして、パスポートの「写真撮影」です。
10年前の自分と今の自分をリアルに比較する時が来ます。
これが嫌な人は「5年更新」をお勧めします。
体力は水泳のおかげで、10年前よりある気がします。
体も確実に10年前より可動範囲が広がりよく動きます。
さて、パスポートに載る写真を申込書に添付して受付に提出すると、受付のおばさまが前のパスポートの写真と比較して「全然変って無くってよかったですね」と言ってくれました。
「変わっている人って・・・○×△□☆・・・でですね・・・」とここでは書けない事を連発し「あまり、現実と離れている撮影方法だとやり直し」だそうです。
10年前・・・震災の4年前です。
変わった事・・・心が少し折れやすくなった事でしょうか。
5年ぶりのドイツ・ケルン。
毎年、惰性のように通い「今年で本当に終わり」を繰り返し、終に行かなくなって5年。
最後のカップリングで行ったイギリスのバーミンガムがきっかけでしょうか。
展示会場でMADE IN ENGLANDは、全く無しでほとんどが中国製でした。
「しかも、中国でもあまり質の良くないものばかりで、輸送コストの関係で値段も高い、これなら、日本は中国の近くにあり輸送コストも安い利点を最大に活かせる」ので「わざわざヨーロッパから買う必要はない」と考えました。
ただ、最近の中国やアジア諸国でのコストアップやデザインの枯渇、一方でポーランドに代表される家具生産量のアップを考慮し、パスポートも変わる事もあり再びケルンを見る必要を感じました。
ケルンは、ドイツ中央から西側に位置し、ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘンに次ぐドイツ第4番目の都市で、ベルギーやオランダ国境の近くにあります。
街の中心には、ライン川が流れ、中央駅の前に大聖堂がそびえ立っています。
第2次大戦では、ドイツの中で最も激しい空襲を受けた都市で数多くの歴史的建造物を戦後復元させた事でも有名です。
その大聖堂から、ライン川にかかる橋を渡ると「ケルンメッセ」と呼ばれる見本市会場があります。
大きさは、ハノーバー(ドイツ)上海、フランクフルト(ドイツ)ミラノ(イタリア)広州、昆明に次ぐ7番目です。
10年前は、ベスト5でしたが中国のランクインでランクを下げてしまいました。
ただ、今年見た限りでは増床の予定がありそうでした。
因みに、面積で東京ビッグサイトの3.5倍あります。(東京は、面積で世界73位)
今回も、商談込みの1日で制覇する予定です。
見るポイントが解れば、ムダに体力を消耗しなくて済むからです。

出発の朝5時30分、マイナス2度。
170127-1.jpg

下北沢はまだ夜の延長線上でした。
駅に下り小田急線に乗り
170127-2.jpg

背中のリュックを棚に上げました。
170127-3.jpg

今回の荷物もミニマムで「こんなもの」です。
中国だと気温差のため、コートが邪魔になりますが、今回は冬のドイツなので服装は同じでOKです。
因みにジャケットは着たままです。
新宿で降り
170127-4.jpg

山手線に乗り換えるためホームで電車を待ち
170127-5.jpg

巣鴨を過ぎたあたりから空の色が変わり始めました。
170127-6.jpg

日暮里で降りて
170127-7.jpg

京成スカイライナーの乗車券を買って専用改札口から
170127-8.jpg

掲示板の案内を見て
170127-9.jpg

ホームに昇り
170127-10.jpg

スカイライナーに乗ると
170127-11.jpg

街の隙間から朝の太陽が昇ってきました。
170127-12.jpg

終点の成田空港第2で降り、
170127-13.jpg

南ウイングの
170127-14.jpg

出国ゲートから荷物検査所に進みます。
170127-15.jpg

そう言えば、外国になれない頃、このゲートを超えるのイヤでした。
「これで後戻りできない、本当に海外行くんだ」と。
荷物検査を終えると朝の空港に太陽が降り注がれていました。
170127-16.jpg

イングレーションを終え
170127-17.jpg

時間の関係か、閑散としているロビーを歩きます。
170127-18.jpg

ここでまた、時計を忘れた事に気が付いてスウォッチを買いました。
170127-19.jpg

出発ゲートに向かい
170127-20.jpg

飛行機に乗り
170127-21.jpg

席に着くと飛行機は、
170127-22.jpg

ゆっくりと滑走路に向かい動き出し
170127-23.jpg

スピードを上げ
170127-24.jpg

滑走路を滑ると
170127-25.jpg

すぐに舞いあがり
170127-26.jpg

成田空港は眼下になりました。
170127-27.jpg

飛行機は、新潟からウラジオストック、シベリアの大地を延々6時間近くフライトし、モスクワ、サンクトペテルブルグ、ワルシャワ、経由し13時間後に
ドイツ・フランクフルト国際空港に着陸しました。
170127-28.jpg

長いフライトを終え飛行機を降り
170127-29.jpg

出口へ
170127-30.jpg

向かいます。
170127-31.jpg

荷物はリュックのみ、預ける荷物はないのでここはパス。
170127-32.jpg

出口ゲートを超え
170127-33.jpg

空港ロビーから
170127-34.jpg

ケルンに向かう列車に乗るため駅に向かいます。
170127-35.jpg

5年ぶりのヨーロッパ、フランクフルトです。
170127-36.jpg

動く歩道で
170127-37.jpg

駅に着き
170127-38.jpg

DB(ドイチェ・バーン)のチケット売り場で、ケルンへの往復チケットを購入します。
170127-39.jpg

今回、僕のホテルはケルン・メッセの近くなのでケルン中央駅ではなく、隣のケルン・メッセ駅にしました。
メッセ駅に停車する列車と中央駅に向かう列車は、路線が違いますがSバーン(郊外電車)を使えってつなげば同じと考えれば、1時間に4本位あります。
時間は、途中駅に止まらないもので50分、3つ位止まる列車でも1時間10分くらいです。
新幹線のようなもので最高時速は300キロで走ります。
チケットはこれで、1時間程度なので自由席です。
170127-39-2.jpg

ドイツの新幹線は、列車ごとに自由席と指定席の規定はありません。
席の上にある表示に駅と駅の名前があり、この区間は指定があると言う意味になっているので、他の区間は自由に座ってOKと合理的です。
駅を歩いているとヨーロッパの香りがしますが、多分これが「元」だと思います。
駅にあるサンドウィッチ店からの香り・・・。
170127-40-0.jpg

日本で言えば「立ち食いそば」スタンドでしょうか。
ホームに降りると、メッセに止まるアムステルダム行き列車は30分遅れだと言う事で
170127-40.jpg

先に出発するケルン中央駅行き(hbfはドイツ語で、ハウプトバーンナホフの略で中央駅の意味)に乗る事にしました。
170127-41.jpg

列車が到着し、
170127-42.jpg

席の表示を見て座りました。
170127-43.jpg

途中、雪が降り始めました。
170127-44.jpg

ボンを過ぎ
170127-45.jpg

終点
170127-46.jpg

ケルン中央駅で降ります。
170127-47.jpg

ホームから階段で下り
170127-48.jpg

Sバーンに乗り換えるため、メッセ駅を通るS7,S8線のホームに向かうと
170127-49.jpg

すでに列車が到着していたので走って飛び乗ると
170127-50.jpg

直ぐに出発し
170127-51.jpg

メッセ駅に着きました。
170127-52.jpg

階段を降りると夜のメッセ駅は、「マック」と「SUBWAY」の灯り以外は静かでした。
170127-53.jpg

駅のドームを見上げ
170127-54.jpg

外に出て
170127-55.jpg

ホテルに向かいました。
RIMG0143.jpg

気温はマイナス8度です。
チェックインを済ませ、バスタブに浸かると時差のせいか眠くなり、すぐにベッドにつきました。
外ではライン川の向こうの旧市街の灯りと、
170127-56.jpg

大聖堂とともにケルンの夜が更けていきました。
170127-57.jpg

スポンサーサイト
  1. 2017/01/27(金) 18:11:18|
  2. バイヤー&スタッフのブログ