NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年3月24日 2017年 広州出張 プロローグ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年3月24日 2017年 広州出張 プロローグ

今週は、まだ寒い日が続いています。
雨の降った翌日、花粉の飛散量が上がると言われています。
今日は、雨上がりの翌日でしかも強い北風と、花粉の飛散量が大変な事になっているかと思います。
朝から涙目です。
桜の開花宣言が発表された東京ですが、桜の根元のつぼみは開花しています。
いつ頃、全てほころぶのでしょうか。
満開の桜が期待される今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は福岡を除いて恵まれるそうですが、日曜日は新潟を除いて曇りや雨と、あまりスッキリとしないお天気になるそうです。
気温も低めの予報が出ているため、満開はまだ先でしょうか。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今年も、広州家具見本市のシーズンが来ました。
1月のケルンに続きですが、ここはマストで行かなければなりません。
ただ、開催日が連休と絡んでしまうため、どうしても休みを使う事になってしまいます。
それなら、いつもの会場近くのホテルではなく、街中のホテルに泊まって少し観光気分を味わおうと思い、広州の最も発展した天河地区のホテルを予約しました。
いつも、空港から見本市会場まで地下鉄なので、外は全く見えません。
しかも会場は、中心から離れたところにあるため、広州の街の様子は解りませんでした。
広州の街に泊まったのは、今から6年位前でしょうか、地下鉄のトンネルは多分、僕にとって「タイムトンネル」となってしまった筈です。
6年前は、まだ古い建物が残っていて上海に較べると、少し「遅れた感」がありました。
最近は、100階以上のビル(103階と111階の2本)が建ち、50階以上のビルが無数に立ち並んでいるそうです。
そう言えば、いつも使う地下鉄も10路線ありました・・・・・。
広州は、中国4大都市の1つです。
広州市は、広東省の主要都市(省都)で人口は1300万人です。
広東省の人口は、1億800万人で中国1位の人口です。
広東省は、南シナ海に面し、そこに注ぐ珠江(大きな川)を中心に輸出工業が発展してきました。
その地域を珠海デルタ地区と呼び、道路はコンテナを引くトレーラーが数多く行き来しています。
省あたりのGDPも中国1位となっています。
毎年行く展示会場ですが、大きさは世界第5位で、ミラノとほぼ同じくらいです。
前回のケルンは、7位で広州の85%の大きさです。
因みに東京ビックサイトは、広州の4分の1で順位は、73位になります。
つまり、広州の展示場を見る事は、ビックサイトを4つ見る事になるわけです。
ケルンで見てきたトレンドと広州を見較べる絶好の機会でもあります。
さて、広州と言えば「食は広州に在り、食在広州」と呼ばれる程、食にこだわる都市です。
初めて広州に行った頃、店の前に犬やサルなどの動物がケージの中に居ました。
勿論、食べるためです。
広州以外の人達に言わせると「広州人は、飛行機以外は全て食べる」そうです。
今は、こんな光景はありません。
広州は、広東料理と呼ばれるものが中心で、日本でもお馴染みの食物が多くあります。
特に、フカヒレスープを代表するスープが有名です。
「スープが作れなければ嫁に行けない」と言われるほどだそうです。
日本では味噌汁、イタリアではパスタと言ったところでしょうか。
広東料理の代表と言えば、点心を中心にした飲茶、チャーシュー、酢豚、ワンタン麺、シューマイ等、キリがありません。
今回、これをヌーベル・シノワーゼの店でワインと合わせるのも楽しみのひとつです。
そして、一番は「世界でもっともインテリアの美しいバー」で一杯やる事です。
なんか、飲みの話になってしまいましたが、仕事1番です。
たまたま休日なので、いつものストイックな酒なしダイニングをチェンジするだけです。
僕は、家具のバイヤーで、家具の買い付けが仕事です。
フードライターでもワイン研究家でもありません。
でも好きです。


スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 15:50:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ