NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年4月7日 広州出張 2

NOCEのバイヤーズブログ

2017年4月7日 広州出張 2

下北沢の桜も
0407-1.jpg

満開になりました。
0407-3.jpg

この桜の木がある通り、誰が名付けたかわかりませんが、いつの間にか「桜坂」に命名されていました。
0407-4.jpg


そして今回のトピックは、なんとこの「桜坂」を象徴する桜の木の目の前に「NOCE・SCONT」
(スコントは、イタリア語でディスカウントの意味)OUTLET店がオープンする事です。
0407-2.jpg


そしてこの桜坂を降りた所に「カフェ・ノルマーレ」があり、桜の木を中心にノルマーレと反対方向に歩くと突き当たりに「NOCE下北沢」があるのです。

NOCEを見て、桜坂を降りながらSCONTを見て、そのまま歩いてNORMALEでパニーニなんて如何でしょうか。
SCONTのオープンは4月中旬から下旬を予定しております。
詳細は、分かり次第お伝え出来ればと思います。
今年の桜ですが、満開直後に昨晩の強風と雨でその命は短かったでしょうか。
0407-5.jpg

今週末、散りかけた桜のお花見日和、NOCEのある地域のお天気ですが、北海道の日曜を除いてほぼ全地域で、くもりや雨のあまりハッキリしない天気になるそうです。
少し残念なお天気ですが、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。


先週の続き

飛行機は、羽田を飛び立つと空港の上を旋回し
170407-1.jpg

多摩川を右に見て、西に向かいました。
170407-2.jpg

まだ雪が残る南アルプスの上空から
170407-3.jpg

大阪を超えるころから下界は雲一面になりました。
170407-4.jpg

飛行機が降下を始め、厚い雲を抜けると
170407-5.jpg

広州の街が現れ
170407-6.jpg

広州白雲(バイユン)国際空港の滑走路に
170407-7.jpg

着陸し
170407-8.jpg

そのままゲートに向かいました。
170407-9.jpg

1年ぶりの広州白雲空港ですが、又ひとつターミナルが増えていました。
ゲートに到着し
170407-10.jpg

飛行機のドアが開きゲートのブリッジから
170407-11.jpg

雨の空港と乗機してきた飛行機を後にして
170407-12.jpg

出口に向かいました。
170407-13.jpg

イミグレを終え
170407-14.jpg

預けた荷物はないのでここは通過して
170407-15.jpg

出口の外は混んでいるので先に「円を元に替え」て
170407-16.jpg

外に出ました。
170407-17.jpg

今日は雨なので、いつも混んでいて乗れないタクシーがもし空いていれば「地下鉄ではなく外を眺められるタクシーで」と思いタクシースタンドを見ると、時間の関係か殆ど人が待っていませんでした。
170407-18.jpg

待ち無しで
170407-19.jpg

タクシーに乗りホテルを目指します。
170407-20.jpg

料金ゲートにはETCもありますが、
170407-21.jpg

このタクシーは、マニュアルなのでカードを発券機からうけとります。
170407-22.jpg

雨の高速をダウンタウンに向けて走ります。
170407-23.jpg

高層マンションが増え始める頃
170407-24.jpg

渋滞が始まりました。
170407-25.jpg

ドライバーが渋滞の列を指して中国語でなにやら言っていますが解りません。
170407-26.jpg

多分「渋滞を避けるため遠回りしてもいいか?」と勝手に理解し「OK」と言うと、やはりルートを変え空いている高速を走りだしました。
170407-27.jpg

料金所を出て
170407-28.jpg

市内に入ると又渋滞でした。
170407-29.jpg

「車窓の広州の街」の変わり様は、ただ驚きで息を飲むばかりでした。
なにか、大きな銀座がただ続くような・・・。
ホテルに着いて料金を聞いて又ビックリです。
170407-30.jpg

なんと6,000円でした。
確か、4年前は2,000位だったような気がします。
ホテルでチェックインを済ませ
170407-31.jpg

廊下を歩いて
170407-32.jpg

部屋の窓には、無数のビルの山が見えました。
170407-33.jpg

窓の下には、バス専用レーン上のターミナルとモールが見えます。
170407-34.jpg

バスも近代化されていて東京のバスと殆ど変りません。
雨の向こうに広州で一番高い建物、広州周大福金融センタービルが見えました。
170407-35.jpg

地上111階、高さは530mだそうです。
これは、偶然キリが晴れた時に撮影したものですが、この日殆ど雲の中でした。
さて、今晩のお楽しみ、ディナーと憧れの「世界一インテリアがいいバー」、「ウーバー」に行く事です。
ホテルのコンシェルジュのお奨めで階下にあるワインと中華の店を見に行くと、そこはルイヴィトンやプラダなど超高級ブランドの集積モールでした。
170407-36.jpg

規模がかなり大きく
170407-37.jpg

4層の凝った造りです。
170407-38.jpg

ここは、古本とカフェと雑貨店の店で、店内で本は自由に読めます。
170407-39.jpg

代官山の例の店とコンセプトはおなじです。
紹介されたレストランが混んでいたので
170407-40.jpg

ウーバーのあるホテルのレストランを利用し、その後バーに行く事にしました。
170407-41.jpg

なかなかタクシーはつかまりませんが、ホテルのドアマンに「ドライバーにエクストラチャージを払う」と言うとつかまえてもらえます。
エクストラチャージ800円を払ってウーバーのホテルに着きました。
このレストランは、宿泊のホテルでコンシェルジュに予約してもらっています。
170407-42.jpg

席に着いてメニューを見てビックリ。
170407-43.jpg

超高い。
でも折角なので、白ワイン
170407-44.jpg

これはサツマイモの料理。
170407-45.jpg

野菜の炒め
170407-46.jpg

鳥のロースト
170407-47.jpg

タラの焼き物
170407-48.jpg

みんな美味しいと思いましたが、ただ高い。
最後に赤ワインをグラスでもらって後にしました。
170407-49.jpg

そしてウーバーへ。
170407-51.jpg

エントランスをくぐると
170407-52.jpg

高い天井と
170407-53.jpg

パープルに光る照明
170407-54.jpg

更に奥に進むと艶めかしさえ感じるチェアとカウンター
170407-55.jpg

席に着いて
170407-56.jpg

ワインを。
170407-57.jpg

音楽は、DJ付きがハウス系やエレクトロニカ系を選択してくれて、完全にトリップ出来ます。
170407-58.jpg

うっとりと陶酔する時間が
170407-59.jpg

ハウス系ビートの中に
170407-60.jpg

とろけていくようです。
170407-61.jpg

こんなリラックスは久しぶりでした。
もっと居たかったのですが、明日は仕事。
ホテルに帰る事にしました。
170407-62.jpg

窓の外の広州は、まだ名残惜しさの中に更けていきました。

余談ですが、バーからのタクシーもなかなかつかまりませんでしたが、エクストラチャージを自ら交渉し帰りました。
この辺のアバウトさは、前と変わりません。
勿論、その時タクシーはメーターを倒しません。
空車のサインは、タオルで覆ってしまいます。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/07(金) 17:19:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ