NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年4月14日 広州出張 3

NOCEのバイヤーズブログ

2017年4月14日 広州出張 3

先週の土日は、生憎のお天気でしたが桜は、見事でした。
目黒川の桜も「チラ見」しかできませんでしたが、とても綺麗でした。
ただ・・・すごい人で・・・わざわざ見に行くのは気が引けそうでした。
同じ時間、北沢川の桜は雨の影響もあってガラガラでした。
週の半ば、冬のような冷たい雨と風の日があり、今年の桜も路上にはなびらを残しながら終わっていきました。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌と新潟を除いてほかの地域は恵まれて、春のお出掛け日和になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

先週の続き

翌朝5時、目覚めると窓ガラスには、雨粒が光っていました。
170414-1.jpg

下を見ると、バス専用レーンにある駅に様々なバスが忙しそうに発着を繰り返しています。
朝食まで1時間、今日のために入念にストレッチをして朝食のレストランに向かいました。
レストランに着いて、窓際の席をリクエストし、ヨーグルト
170414-2.jpg

パン
170414-3.jpg

サラダ
170414-4.jpg

中国なので蒸し物、シューマイ、小龍包、小さい焼豚包、えびの蒸餃子などを取ってテーブルに並べました。
170414-5.jpg

そして、最近中国に来ると必ず食べるヌードルです。
170414-6.jpg

中国によくあるヌードルバーのスタイルで、スープが入った大きな鍋と麺を茹でる鍋が並んでいて、その前に数種類の生麺とグリーンの野菜や「つみれ」のような団子状のものが並んでいます。
まず、麺をチョイスしてそのままトッピングをリクエストしなければ、基本の麺が作られます。
だいたい「つみれ」と野菜が中心になります。
麺と野菜は、同じざる(ステンレス製の円錐形のもの)で茹でられ、清湯(チンタン)がベースのスープに入れて出来上がりです。
いたってシンプルです。
ラーメンとは別物です。
最近はやりの鶏ベースの「塩味の麺」に似ているでしょうか。
ただ、麺が違います。
もちろん、スープもですが・・・。
色々な食べ物を並べて第一ラウンド。
170414-7.jpg

窓の外は、相変わらず雨が降っていました。
フライドエッグ(目玉焼き)を焼いてもらい、トーストとチーズ、ハムに焼きそばとチャーハンで第2ラウンド。
170414-8.jpg

今日も昼抜きが予想されるので、しっかりと朝食を取っておきます。
コーヒーとクロワッサンで〆て
170414-9.jpg

テーブルを後にしました。
170414-10.jpg

部屋に戻り会場へ向かう準備をしてロビーに下り、今回は街を眺めるため地下鉄ではなくタクシーで会場へ向かいました。
170414-11.jpg

雨足が強くうまく画像に残せませんでしたが、とにかく街の近代化が進んでいました。
170414-12.jpg

まるで銀座や青山が次々と現れるようです。
会場に到着すると
170414-13.jpg

入口は、すでに沢山の人で埋まっていました。
170414-14.jpg

レセプションの列に並びましたが、全然動きません。
170414-15.jpg

ようやくレセプションに着きましたが、外国人バイヤーと国内に分かれていて、外国人専用レセプションはこの通りガラガラ。
170414-17.jpg

しかも、入口は別にあり、並ばず入れました。
30分はロスしたでしょうか。
レセプションで名刺とエントリーシートに必要な事項を記入し、提出するとバーコードと社名の入ったホルダーを受け取ります。
ホルダーのバーコードを入口の係員に読んでもらい
170414-18.jpg

入場です。
170414-19.jpg

最初のパヴィリオンは、雑貨中心なのでパスして
違うパヴィリオンにむかうため
170414-20.jpg

カートで移動します。
170414-21.jpg

大きい会場なので移動は、体力温存のためカートが一番。
次のパヴィリオンでカートを降り
170414-22.jpg

入場です。
170414-23.jpg

ひとつのパヴィリオンが広いだけでなく3層になっているので、時間も体力も使います。
これは、1階を中2階から見たところです。
170414-25.jpg

これは、パスですが
170414-26.jpg

これは、悩むところです。
170414-27.jpg

オークで作りもグッドですが、価格がノーグッド。
高い。
輸入コストを抑えるため最低100本以上は買わなければなりません。
と、考えると難しいかぁ。
これも同じ。
170414-28.jpg
リストオンかな。
170414-29.jpg

ブースの間を歩きます。
170414-30.jpg

人気のあるブースと「そうではないブース」は、一目瞭然ですが理由は分かりません。
170414-31.jpg

革張りのソファです。
170414-32.jpg

商談中のブースを横に
170414-33.jpg

更に歩きます。
170414-34.jpg

近年、ミラノは勿論、ドイツも商談の場からプレゼンの場に変わってきていますが、確かに中国の見本市も変わりつつあります。
170414-35.jpg

カラフルなブースも珍しくありません。
170414-36.jpg

モダン系のブースは、作りも凝っています。
170414-37.jpg

ただ、「凝っているからいいものがある」とは限りません。
どちらかといえば、コスパの悪い高額な商品が多いような気がします。
慣れてくると、ブースを一目見て瞬間に「いけるかどうか」がわかってきます。
画像では見えませんが、かなり早い速度で歩いて、まるで獲物を物色するようです。
そして見つけた時の快感・・・・・バイヤーの最高の楽しみです。
こんなかわいい「動物のスツール」(因みにこれはひつじ)NOCEでは置けませんが、案外売れるかも。
170414-38.jpg

ソファのブースは、大型なうえ作りこみもすごい。
170414-39.jpg

1つ目のパヴィリオン3層すべて見て次に移ります。
170414-40.jpg

商談込みで5時間くらいかかりました
次のパヴィリオンに向かいます。
170414-45.jpg

人も増えてきました。
ソファのブースですが、高級なところが多いためか、人は少なめです。
170414-46.jpg

ドイツでも感じたことですが、家具の需要はホームユースからコントラクトユース中心にシフトしてきている感じが否めません。
ソファのブースに人が少ないのはホームユースの減少からなのでしょうか。
かわいいソファ発見!
170414-47.jpg

24,800円(税込)でカラーを変えて6月リリース予定です。
ひととおり見終え、心残りのブースに再訪し商談を進め
170414-48.jpg

「心残りなし」で帰ることにしました。
170414-49.jpg

新規商談は、5件くらいでしょうか。
まあまあです。
大きなパヴィリオンに
170414-50.jpg

別れを告げ、地下鉄の駅に向かいました。
170414-51.jpg

駅に向かう道を、朝から降っていた雨が止まずに濡らし、一面のグレーの空は、その色を濃くし始めていました。
170414-52.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/04/14(金) 17:51:35|
  2. バイヤー&スタッフのブログ