NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年4月28日 NOCE SCONTO(OUTLET)オープン
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年4月28日 NOCE SCONTO(OUTLET)オープン

今週、春らしい陽気の日が続いています。
まだ朝晩、少し寒い日もありますが、もう来週から5月です。
そして、ゴールデンウイーク。
明日の土曜から、来週の月、火曜日を休んで「9連休の人もいる」との事です。
9日間も仕事離れたら、頭と体が帰ってくるまで時間かかりそうなので、今のところNO GOODです。
多分、5日が限界でしょうか。
今年も休みは、カレンダー通りなので限界の5日連休です。
空を見上げると、遠くに大きな入道雲が見えました。
春の最中です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌を除いてまずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

昨日、下北沢にNOCE SCONTOがオープンいたしました。
170428-1.jpg

読み方は、ノーチェ・スコントです。
170428-2.jpg

スコントとは、イタリア語でディスカウントを意味します。
170428-3.jpg

つまり、NOCE商品のディスカウントバージョン、アウトレット店になるわけです。
チョイ傷からデッドストックまで、倉庫に20年以上放置されたままの商品も展示されています。
現行NOCEのラインとは違い、まるで別の店のようです。
170428-4.jpg

と言うより、昔のNOCEです。
170428-5.jpg

そのためイタリアの商品が多く、ただ懐かしい・・・・。
当時の取引先は、ほとんどイタリアやポーランドでした。
1年に何度もイタリアに行きました。
そこで覚えたワイン、食事、チーズ・・・・違う、家具です。
よくイタリア人が「世界のチェアの80%をこのウディネ(北イタリア、ヴェネツィアの上あたり)で作っている」と自慢していました。
街の真ん中には、大きなチェアのオブジェがシンボリックに立っていました。
その後、通貨がユーロになり、リラのアドヴァンテージが低下する一方、中国の家具生産の成長とともにイタリアの家具生産は低下し、今では当時お付き合いしていた会社は、ほんの1社か2社位しかありません。

このテーブルは、チェルノ・エクステンションテーブル、80cm×80cmの正方形テーブルの下にある天板を左右に引き出して、長さを伸ばして使えるものです。
170428-6.jpg

当時、この機能とイタリアらしい色が人気で、どのくらい売れたか分からないほど売れました。
これは、チョイ傷で中古ではありません。
このキャビネットは、比較的新しいものです。
170428-7_20170428175318cdd.jpg

ポーランドが、スウェーデンの家具販売会社のオリジナルとして制作していたものを、輸入したものです。
見た目、キズなしです。(細かくチェックしたわけではないので詳細はわかりません)
ただ重い。
店内は、売れると入れ替わるため、何が出てくるかはお楽しみです。
170428-8.jpg

前回も触れさせていただきましたが、通り沿いにはカフェ・ノルマーレ、歩いて2分くらいのところにはNOCEもございますので、下北沢にお越しの際には是非、お立ちよりいただければと思います。


スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 17:31:28|
  2. バイヤー&スタッフのブログ