NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年5月12日 オーク無垢材を使用したシェルフ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年5月12日 オーク無垢材を使用したシェルフ

今週は、初夏のように暑い日が続いています。
今日も暑く、多分30度近くありそうです。
昨日は、空に真夏を思わせるようなモクモクと立派な入道雲が浮かんでいました。
まるで夏のようで、つい帰りにテラスの席で「一杯」やってしまいました。
とにかく気持ちのいい季節です。
ところで、暑くなると虫の季節ですが、パスポートの保管場所に防虫剤があると「ダメ」と外務省から注意喚起がありました。
パスポートの保管場所がチェスト、「暑くなってきたから防虫剤」・・・これがマズイ。
僕も海外出張が年数回あるため、ビックリです。
防虫剤で変色するそうです。 
また、「磁気の強いものと一緒」もICチップに影響するため「ダメ」だそうです。
磁気の強いパスモやスイカと一緒はマズイのでしょうか。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌を除いてぐずつき、日曜日は名古屋以西の地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければ全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、贅沢にオーク無垢材を使ったナチュラル感たっぷりな新商品のシェルフをご紹介させて頂きたいと思います。
170512-1.jpg

構造は、正方形にシェルフを構成したシンプルなものですが、随所にスパイスが効いています。
それは、なんと言っても素材にあります。
オーク材を無垢で使用し、表面をオイルで仕上げているもので、極めて贅沢に作っています。
170512-2.jpg

そして無垢材のため、天板とボトムのエッジにこのようなアールを付ける事が出来るのです。
170512-3.jpg

シェルフと言うと無垢材を使用するとコストが上がってしまうため、突板やフラッシュなどのパネルを組み合わせて構成する場合が殆どです。
よくある「カラーボックス」の組み合わせのようなものです。
構造上、どうしてもエッジは「角」になってしまい、全体的に硬さが残ってしまうのです。
今回ご紹介させていただくシェルフは、エッジにアールがあるため、またオークオイルとの相性もあり、シンプルな構造でも、とてもやわらかくナチュラルな印象になっています。
そのナチュラルな印象を大きく支えているのが、この円錐形テーパードの脚です。
170512-4.jpg

この脚により、北欧ミッドセンチュリーのテイストが加わり、
より全体をやさしい雰囲気にしています。
170512-5.jpg

インテリアの観点から、カフェ系
170512-6.jpg

ナチュラル
170512-7.jpg

ブルックリンとシェルフに主張があるため、幅広く対応出来そうです。
170512-8.jpg

170512-8-2.jpg

素材感の違うアイテムでも違和感はありません。
170512-9.jpg

タイプは、2×4サイズと
170512-10.jpg

2×3サイズの2種類ご用意させていただいております。
170512-11.jpg

素材は、オーク天然木無垢材をすべてのパーツに使用し、表面をオイルで仕上げています。
さて価格ですが、2×3が39,800円(税込)と2×4が49,800円(税込)となっております。
素材と仕上げから少し高額になりますが、素材感や雰囲気から考えればコストパフォーマンスは十分ある商品だと思います。
素材感や感覚、色など是非、実物をNOCE各店舗にてお確かめいただければと思います。

ブックシェルフ1618
¥39,800(税込)
幅70×奥行30×高さ119cm
※部分組立

ブックシェルフ1618
¥49,800(税込)
幅70×奥行30×高さ153cm
※部分組立


スポンサーサイト
  1. 2017/05/12(金) 15:28:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ