NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年6月2日 ポーランド曲木工場で作られたウインザーチェアとベンチ 1

NOCEのバイヤーズブログ

2017年6月2日 ポーランド曲木工場で作られたウインザーチェアとベンチ 1

今週からもう6月です。
速い!
夏が来て、秋がきて、寒い風が街路樹の枯れ葉を舞いあげると、街の灯りにジングルベルですかぁ・・・・。
今週も暑い日が続いています。
昨日は、梅雨末期を思わせるような気候でした。
黒い雲が、集まって風が吹くと大粒の雨がスコールのように降りだし、しばらくすると青空が雲の隙間にすきとおって・・・。
そういえば、朝早く雷鳴が轟いていました。
話変わって、アウトレットのスコントですが、昨日テ-ブルの搬入があり、箱を見ると1998年の荷札が貼ってありました。
今はなき「NOCE国立店」が宛先です。
開梱して組み立てると、「ベネディクトテーブル」です。
RIMG0013.jpg

製造は20年前でポーランド、ワルシャワとベルリンの間に位置する工場です。
そして、NOCEに来て19年、忘れ去られたように倉庫に眠っていました
長い眠りから醒めたテーブルですが、パッと見た感じで大きなキズはありません。
ブナ材で、チェリー色にステインされています。(ややツヤがあります)
北欧シンプル全盛時代のものです。
上段が150cm、39,800円(税込)で下段は、180cm、49,800円(税込)となっています。
(当時、59,800円と69,800円でした)
RIMG0015.jpg

NOCE・SCONTOで昨日から販売しております。

今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の土日、新潟の土曜日を除いて他の地域は恵まれ、お出掛け日和になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

表題が長くて面倒くさくなってしまいましたが、今週はそのチェアとベンチのベンチからご紹介させていただきたいと思います。
170602-1.jpg

ウインザーチェアとは、文字通りイギリスのイングランドにあるウインザー城に由来していますが、諸説あります。
17世紀に英国国王がウインザー城で使用していたなどが諸説の代表です。
ただ、チェアの作りは部材を組み合わせる手法で、量産が目的だと思われます。
ウインザーチェアは、当時テムズ川で消費地ロンドンに生産地から、運ばれてきました。
そこで「ウインザー地方から来たチェアでウインザーチェアと名付けられた」説が最も有力です。
ただ、国王ジョージ3世が「狩猟中、農家で見つけたチェアを気に入って使い始めた」説の方が「夢があって商品価値が高まる」かも、です。
さて、日本では1951年に長野県松本市で作られたものが起源と言われていますが、昨今の北欧ミッドセンチュリーやカフェインテリアブームの到来で、ミッドセンチュリーの北欧デザイナーがウインザーチェアの影響を受け、アレンジしたものが普及を促進したと思われます。
そして今回のベンチですが、デザインは、北欧ミッドセンチュリーのウインザーチェアの王道とも言えるものです。
170602-2.jpg

ポーランドのトーネットチェアを作っている工場で生産されたもので、大変バランスよく出来ています。
特に背もたれのラインは、芸術的とも言えます。
170602-3.jpg

スピンドルバックと呼ばれる背もたれ(紡ぎ棒、スピンドルを構成して作られた背もたれ)は
170602-4.jpg

上部のエッジにラインを描きながら少し外に張り出して完結し、コームバックの特徴がよく表現されています。(扇形の背もたれのスピンドルチェアは、ファンバック)
170602-5.jpg

アームは2本のスピンドルに支えられ
170602-6.jpg

アームレスト上部は、このようなラインで構成され腕を預けるには「心地よさそう」です。
170602-7.jpg

脚部もウインザーチェアのセオリー通り、両端が細くなる丸い棒、スピンドルを繋ぎあわせて作られています。
170602-8.jpg

センターの「貫き」も特徴です。
170602-9.jpg

シートは、「曲木の工場ならでは」のプライウッド(積層合板)になっています。
170602-10.jpg

インテリアの観点から、ナチュラル、カフェ、シンプルからブルックリンが主流ですが、商品の主張が強いため、お部屋の雰囲気にかかわらず対応しそうです。
又、ダイニングベンチでもソファとして独立しても使えるため、汎用性は高いと思います。
カラーは、ナチュラルと
170602-10-2.jpg

ウォルナットの2色のご用意となっております。
170602-11.jpg

素材は、背もたれと脚部にブナ材天然木無垢、シートにはブナ材のプライウッドを使用しています。
さて価格ですが、49,800円(税込)です。
絶対値で考えれば「高い」と感じられるかもしれませんが、このパフォーマンスから考えれば決して高くはありません。
寧ろ、安いと思います。
このようなチェアをこの価格で作れるのは、やはりヨーロッパの伝統だと思います。
スピンドル(紡ぎ棒)状の棒を一本ずつ組み合わせた「手作り感」充分なベンチ、お部屋に置くだけで雰囲気を変えてしまいます。
質感や座り心地、雰囲気など是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

S1102ベンチ
¥49,800
幅120.5×奥行53×高さ87.5(46)cm


スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 15:34:15|
  2. バイヤー&スタッフのブログ