NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年6月9日 ポーランド曲木工場で作られたウインザーチェアとベンチ 2

NOCEのバイヤーズブログ

2017年6月9日 ポーランド曲木工場で作られたウインザーチェアとベンチ 2

今週、九州から関東甲信越まで梅雨に入りました。
最近暑い日が続いていたので、少し涼しくなるのでしょうか。
まだ梅雨の初期、梅雨前線も弱くいきなり「ジメジメ」はなさそうです。
気温も夕暮れ近くには、少し冷たい風が吹き、日は長い・・・と・・・やはり「一杯」でしょうか。
最近、下北沢もテラスのある店が増えてきました。
外国では、ごく当たり前の風景ですが、日本ではなかなか定着しませんでした。
土日の午後は、下北沢のテラス席もかなり賑わっています。
まだ明るい5時前後、傾きかけた日の影がグラスに差し込んで、淡いオレンジが橙色に変わり、少し冷たい風がアスファルトを冷ますころ、家路につき・・・とはいかないで「もう一軒」となってしまい、結局就寝時間はいつもと変わらない・・・と。
でも「気持ちいい」が一番です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌、新潟、日曜日の広島と福岡は、ぐずつくそうですが、他の曜日と地域は恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、先週のベンチに引き続き、ポーランド曲木工場で作られたウインザーチェアでのチェアをご紹介させていただきたいと思います。
0609-1-1.jpg

0609-1-2.jpg

そもそも、「なぜ曲木工場でウインザーチェア」なのでしょうか。
ポーランドの曲木工場は、首都ワルシャワから南西方向に180キロ位に位置します。
19世紀に、ミヒャエル・トーネットのデザインするトーネット社の下請け生産工場として、東欧諸国各地に作られた工場のひとつです。
現在、NOCEで取り扱っているチェコのTON社も同じ関係と言えるでしょう。
TON社は、トーネット社の一番最初に出来た量産工場です。
ベントウッドチェアと呼ばれる曲木チェアとは、ミヒャエル・トーネットが19世紀半ばに発明した、木(主にブナ材)を蒸し、曲げて(ベント)部材を作り、それらを組み合わせて作るチェアです。
トーネットは、当時家具を宮廷に納めていた家具職人でした。
この時、木を曲げてチェアを作ることに成功し、宮廷にも献上していました。
トーネットの偉業は、この発明だけではありません。
部材を大量に生産することにより、チェアの大量生産に成功したのです。
当時のアントレプレナー、ベンチャー企業の代表とも言えます。
そして、人件費の安い東欧諸国に工場を次々と作り、そこで大量生産された曲木チェアは、パリやウイーンのカフェに続々と納品され、更に全世界へと輸出されていきました。
さて、今回のポーランド工場ですが、1881年にトーネットにより設立され、曲木工場として絶え間なくチェアを生産してきました。
1950年に、トーネットから独立した形でポーランド国営企業になり、世界屈指の曲木チェア生産工場になっていきます。
しかし、2000年後半から中国の家具工場の発展により、市場に様々な種類のチェアが溢れまた曲木チェアのコピーも多くなり、ポーランドの曲木チェアは「安価で高品質、高感度」より「クラシック」なイメージが強くなっていきました。
を刷新するべく新作を次々リリースしていきました。
2013年には、ブランドイメージを更に前面に出し、現在も新作をミラノサローネなど世界規模な家具展示愛に積極的に展示しています。
元トーネット工場の生き残りを賭けた試みとも言えます。
前フリが長くなってしまったので、今回のチェア御紹介に戻します。
デザインは、先週のウインザー・ベンチと全く同じです。
0609-2.jpg

タイプは、アームチェアと
0609-3jpg.jpg

チェアがあり
0609-4_2017060916093624a.jpg

カラーは、ウォルナットと
0609-5.jpg

ナチュラルの2色となっています。
0609-6.jpg

デザインのコンセプトが、ベンチと同じでもチェアは、チェアです。
0609-7.jpg

縦に入る8本のスピンドル(紡ぎ棒)は、背もたれ上部で扇形に大きく外に開いているため、バックヴューは「惚れ惚れするほど」美しく仕上がっています。
アームチェアも、大きめなスピンドルバックとアームの比率がうまく調和し、抜群な安定性と安心感を与えています。
0609-8.jpg

インテリアでは、クセがありそうな雰囲気ですが、単体で使用しても
0609-9.jpg

他のチェアと合わせて使用しても、クセを感じずすんなり溶け込みます。
0609-10.jpg

ただ、ベンチとコーディネートすると
0609-11.jpg

相当なインパクトと破壊力があります。
0609-12.jpg

素材は、ベンチと同じブナ材天然木無垢材、シートにはブナ材プライウッドを使用しています。
さて価格ですが、チェアが16,800円(税込)でアームチェアが19,800円(税込)になります。
この素材感や大きさ、デザインから考慮すれば、充分コストパフォーマンスの高い商品かと思います。
ベンチと合わせることがお勧めですが、単体でも充分お楽しみいただける商品かと思います。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

A1102チェア
¥16,800
幅51×奥行49×高さ85.5(46)cm

B1102アームチェア
¥19,800
幅54×奥行54.5×高さ86(46)cm

スポンサーサイト
  1. 2017/06/09(金) 18:51:30|
  2. バイヤー&スタッフのブログ