NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年7月7日 アカシア天板のブルックリン系ダイニングテーブルとベンチ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年7月7日 アカシア天板のブルックリン系ダイニングテーブルとベンチ

今日は7月7日、七夕です。
織姫と彦星の話は、とりあえず置いといて、「短冊に願い事を書いて笹の葉に結ぶ」って最近あまり見かけなくなりましたが、実際どうなんでしょう。
最近、「夢」がわからない人が増えているそうです。
夢と言えば、「夜、寝るときに見るもの」限定みたいです。
確かに「将来の夢」とか「夢は何?」と聞かれると「はー?」でしょうか。
僕は、短冊に「ロマンスカーが下北沢に停車するように・・・」です。
今日は、カルピスの日や冷やし中華の日、浴衣の日、でもあります。
夏らしい響きです。
例年だと、来週にも梅雨明けなので「夏!」はもうすぐです。
夏の暑い日、冷たいカルピス、グラスに響く氷の音、少し遅めの午後、喉を滑る冷やし中華、着なれない浴衣でおなかが冷えてしまって・・・・ではないです。
東京は、今晩「晴れ」の予報がでているので、もしかしたら七夕「織姫と彦星、かささぎが見えるかも」です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、記録的な大雨に見舞われている福岡は、土日とも雨、広島も土日ともぐずつくそうですが、他の地域は大阪の日曜を除いて概ね良好だそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、重厚感がありまた感度もいいブルックリン系ダイニングテーブルと
20170707-1.jpg
ベンチを御紹介させていただきます。
20170707-2.jpg
デザインは、極シンプルなものです。
20170707-3.jpg
4本のミッドセンチュリー系の脚に天板が乗っただけの構造です。
それでも強烈なインパクトがあります。
それは、天然木無垢材を使った分厚い天板と、その表面に見える木目です。
アカシア天然木無垢を使った天板上に見える木目は、大変美しく芸術とも言え、高級感さえ漂います。
20170707-4.jpg
(自然の木材を使用しておりますので、木目はすべて同じものはありません。)
スティールの黒い脚は、ミッドセンチュリー系で若干外に開いています。
20170707-5-2.jpg
天板に対し、やや細めに見える脚が、このマッシブな天板の強さを和らげています。
シンプル且つ繊細な脚と天板の厚さが見事に調和しています。
ベンチも基本的に同じ構造とデザインですが、こちらも単体だけで相当なインパクトがあるので単体で使用しても充分な価値があります。
20170707-6.jpg
また、ラックなどベンチ以外にも使えそうです。
インテリアの観点ですが、これだけインパクトが強いためどのインテリアシーンでも使えそうですが、
やはり王道のブックリンやインダストリアルにはよさそうです。
素材は、天板やシートにはアカシア天然木無垢、脚はスティールで艶消しブラックにて塗装してあります。
このあたりのスティールを使ったブルックリン系チェアは、申し分なくはまります。
20170707-7.jpg
20170707-8.jpg
20170707-9.jpg
最近のブルックリン系カフェインテリアが簡単に実現できます。
ただ、他に木製チェアでも充分合います。
さて、価格ですがテーブルが48,000円(税込)ベンチ29,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えられないくらいお値打ちです。
初回入荷分は、好評でやや品薄になっています。
次回発注済みですが、10月以降になりそうなので、ご興味のあるお客様はなるべく早くお確かめいただければと思います。

夏の午後、部屋の真ん中に置かれたマッシブなテーブル。
ベンチに腰掛けて、頬杖ついて抽出中のコーヒーマシンを待つと、挽きたての豆の香りに、近所のクレーンの音さえ音楽になった。

SLO-01ダイニングテーブル
¥48,000(税込)
幅160×奥行80×高さ76.5cm

SLO-02ベンチ
¥29,800(税込)
幅140×奥行40×高さ45.5cm

スポンサーサイト
  1. 2017/07/07(金) 16:10:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ