NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年7月28日 オーク無垢材で作られたドレッサー

NOCEのバイヤーズブログ

2017年7月28日 オーク無垢材で作られたドレッサー

今週、梅雨が明けたはずでしたが、ぐずついた日が続いています。
特に一昨日の夜は、涼しささえ感じられました。
天気図を見ると、まだ梅雨前線が関東地方にかかっていました。
その上、奇妙な動きを見せる台風5号。
東北地方に居座る梅雨前線に阻まれているのか、太平洋の海水温の低さに妨げられているのかわかりませんが、珍しい動きなのは確かです。
勢力の強いオホーツク海高気圧のおかげで今日も「夏!」の日ではありません。
台風の影響っぽい空には、様々な色をした雲にところどころ切り取られた青い空がありました。
下北沢では、老舗の「パン屋アンゼリカ」が長い歴史に終止符を打とうとしています。
たて文字ベーカリーでカレーパンが有名でした。
またひとつ、下北沢の店が無くなっていきます。
今月末がラストなので連日行列です。
そういえば、来週からもう8月です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、仙台、新潟、関東はくもりや雨とあまりはっきりしないそうですが、ほかの地域はまずまずと恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際にはぜひNOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材を使用し表面をオイルで仕上げたドレッサーをご紹介させていただきたいと思います。
20170728-1.jpg
デザインは、4本の足に本体をのせたシンプルな構造になっていますが、外側に向かって開くテーパードレッグが、北欧ヴィンテージのエッセンスを全体に与えています。
20170728-2.jpg
この柔らかいデザインに対し、表面をオイルで仕上げたオーク無垢材を使用することにより、重厚さや高級感が加味されました。
20170728-3.jpg
この2つの要素がミックスされ、「甘すぎず、強すぎず」と絶妙なバランスをもったドレッサーになっています。
特にオイル仕上げや
20170728-4.jpg
オーク無垢材の使用により、木目が強調されより上質なものにしています。
20170728-5.jpg
たたんでいたミラーは、
20170728-6.jpg
あけると、面積があります。
20170728-7.jpg
NOCEスタッフによると「大きくて顔全体が見えやすい」そうです。
ミラーの下は、このように区切られていて、コスメなどの収納に役立ちそうです。
20170728-8.jpg
ドレッサーという機能面だけではなく、デザインと素材からインテリアの価値も高く、またデスクとしての汎用性もあるのです。
20170728-9.jpg
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプル以外に、オーク無垢とオイル仕上げの重厚さから、ブルックリン系でもいけるかと思います。
素材は、オーク天然木無垢材で、表面はオイルで仕上げています。
さて、価格ですが48,000円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば高価とは思いません。
木目が強調された重厚感のあるドレッサーは、リビングに置いても全く違和感がありません。
このフィーリングや質感を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

ドレッサー1614
¥48,000(税込)
サイズ :幅105×奥行45×高さ114(75.5)cm


スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 15:53:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ