NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年10月13日 スピンドルのラックが付いたダイニングテーブル

NOCEのバイヤーズブログ

2017年10月13日 スピンドルのラックが付いたダイニングテーブル


今週は、「残暑が帰ってきたか」と思わせるような、汗ばむ暑い日が続いた後、今日は一変、上着が必要なほど冷たい雨の日になっています。
これは、秋雨前線が上下に動くため(上に行くと太平洋高気圧が影響し暑くなり、下がるとオホーツク海高気圧で涼しくなる)ですが、これだけ気温差が激しいと体調を崩してしまいそうです。
気候と言えば、カリフォルニアで米国史上最悪と言われる大規模な山火事が起こっています。
街全体を焼き尽くすほどひどいもので、現段階で69,000ヘクタールと23区(62,100ヘクタール)より広い地域を焼失させています。
被害も甚大なので、あまり不謹慎な事は言えませんが、焼けた地域がナパとソノマなのです。
この地域は、ワイン好きならすぐに分かるほどワインの産地として世界レベルで有名な場所です。
生産量は、カリフォルニアだけでイタリア、フランス、スペインに次ぐ世界第4位でオーストラリアの生産量を上回っています。
僕も無難なワインを選ぶ時は、必ずカリフォルニアを選んでいます。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー品種を使ったボルドータイプの赤ワインや、シャルドネなどの白ワインが有名です。
最近は、知名度も上がり過去のように安価では手に入らなくなったワインもあります。
そこで今回の火事ですが、ワインに一体どれくらいの影響を及ぼすのでしょうか。
海外の画像では、ワイナリーが焼けて、焦げた樽の映像もありました。
特にこの時期は、収穫と仕込みの時期なので2017年ものは、厳しくなるのは必至です。
あと、「実際にブドウの樹がどれくらい燃えたのか」で、もしここに影響が及べば、世界レベルでワインの値段が上がる可能性があります。
予報では、今晩(現地時間)もまた強風が吹くそうです。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、新潟の土曜日、札幌の日曜日を除いて全地域でぐずついたお天気になってしまうそうです。
傘の手放せない週末になってしまいそうですが、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、スピンドルで構成されたラックの付いたシンプルなダイニングテーブルをご紹介させていただきます。
20171013-1.jpg
スピンドルのラック付きテーブルと言えば、北欧ヴィンテージ系が代表で、チークで作られたブラウン色でも重くならない、シンプルなデザインのものでしょう。
ミッドセンチュリーのテーブルの象徴とも言えます。
そのラックですが、このようにスピンドル(紡ぎ棒)を天板の下に4本平行に置いて構成しています。
20171013-2.jpg
勿論、物を置くという本来の目的もありますが、やはりデザイン性という要素が大きいかと思います。
脚は、ミッドセンチュリー系にテーパードされ、外側にハの字に開いています。
20171013-3.jpg
スピンドルを支える左右の棒は、脚のヌキの役割も果たしているのです。
そしてこのテーブルの特徴は、素材と仕上げにあります。
オーク天然木無垢材をオイルで仕上げてあるので、ミッドセンチュリーよりナチュラル色が濃くなり、全体的に柔らかな雰囲気になっています。
20171013-4.jpg
天板に、オークの綺麗な木目を見ることができます。(個体差と個人の主観により異なる場合があります)
インテリアの観点から、カフェ系からナチュラル、シンプル、ブルックリンまでデザインがシンプルなため、かなり汎用性が高くなっています。
例えば、これはナチュラル、
20171013-5.jpg
カフェ系とオーク同素材で合わせた典型的なものですが、
20171013-6.jpg
このようにポリ素材、
20171013-7.jpg
スティール
20171013-8.jpg
ブルックリンとオールマイティにこなしています。
20171013-9.jpg

さて、価格ですが49,800円(税込)とこの素材感とデザインから考えればコストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
素材感たっぷりに、シンプルなデザインはお部屋を選ばず馴染めそうです。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MK-TTB 135テーブル
¥49,800(税込)
サイズ :幅135cm×奥行75cm×高さ73cm

スポンサーサイト
  1. 2017/10/13(金) 16:21:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ