NOCEの家具バイヤーズブログ 2018年4月13日 2008年 春 中国出張 3
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年4月13日 2008年 春 中国出張 3

今週は、先週に引き続き初夏を思わせる暑い日がありました。
昨日、日中は、25度超えの夏日でした。
ただ寒暖の差が激しいためか、連日台風のような強い風吹き荒れています。
とは言え、朝晩はまだ少し寒い日もありました。
一日の間で最近のように寒暖の差が激しいと、風やインフルエンザになる人が増えそうです。
実際、インフルエンザがじわりじわり流行りつつあるとの事です。
PM2,5や花粉の影響でノドをやられて、風邪やインフルエンザを引き起こすそうです。
この時期油断していると、「春インフルエンザに感染するかも」です。
こまめなうがいと手洗いを忘れずに、です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、珍しく全地域で曇りや雨とスッキリしないお天気になるそうです。
週末、お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

~先週のつづき~

タクシーを使って会場まで来ると、だいたいこの出展者通用口で降ろされます。
20180413-1.jpg
混雑のドサクサにまぎれて、違和感なく通ると「登録証なし」でも入れます。
20180413-2.jpg
ただ、何かのトラブルにまきこまれた時、窃盗目的の不法侵入者に見られたり、テロリストに間違えられたりと厄介なことになりそうなので、絶対真似しないでください。
そして広い会場をひたすら登録カウンターのある入口を目指します。
20180413-3.jpg
通常、来場者は地下鉄を使います。
入出口は駅の近くにあるため、地下鉄の方が便利でコストも安くなるのです。
ただ、その間がひと駅分、つまり駅と駅の間が会場となるわけです。
タクシーは、そのちょうど中間点で降ろされますが、ドライバーはシステムがわからないので、多分その方が「便利だろう」と思うのでしょう。
会場を移動する時は、このカートを使うと便利です。
20180413-5.jpg
ケルン、フランクフルト、ミラノ、上海など大きな見本市会場には必ずある、無料乗合カートです。
カートを降りて
20180413-6.jpg
いくつもの「動く歩道」を
20180413-7.jpg
乗り継いで
20180413-8.jpg
エントランスから出て
20180413-9.jpg
外国人用の登録カウンターで登録を済ませ
20180413-10.jpg
I.Dカードを持って再入場しました。
20180413-11.jpg
さて、戦闘開始です。
20180413-12.jpg
大きなパヴィリオンが、3層になっています。
これは2階から1階を見下ろした画像です。
まだ開場後すぐのため、人はあまりいません。
様々なブースを
20180413-13.jpg
やや早い歩調で歩きます。
20180413-14.jpg
商品の良し悪しは瞬間なので、ゆっくり見ながら歩くと時間の無駄になってしまうからです。
トレンドは押さえているけど・・・・・・。
20180413-15.jpg
わざわざやる必要もないし・・・・。
20180413-16.jpg
ブースの前にQRコードがありました。
20180413-17.jpg
ブースで名刺を差し出す代わりだそうです。
つまり「名刺代わり」という事になります。
そしてなんと、名刺交換をQRコードでやっているじゃあーりませんか。
うーーーん、た、たしかに合理的ですが・・・人間味がないっていうか・・。
趣味とか経歴とかQRの交換で瞬時にわかるのです。
そう言えば名刺の習慣って日本が始めだそうです。(名刺を日本が発明したかは、定かではありません)
それを欧米のビジネスマンが、「これは便利」と世界的に普及したのでしょうか。
僕がまだ駆け出しのころ、ミラノで名刺を出すと裏表を見て感心されたことがありました。
その頃、名刺を持たないビジネスマンが多かった気がします。
やはり、当時白のプレーンな縦書きの名前と会社、役職・・・お辞儀をしながら交換する光景は、不思議に見られていました。
「肩書きや名刺代わり」から「名刺じゃんけん」まで名刺が生んだ言葉も多数あります。
そして、電話番号から会社名まで入ったカードが「実は便利」とわかると急速に普及し始め、気がつけば名刺交換がミラノでも普通になりました。
さすがデザインの国だけあって「どれだけ目立つか」を競うように、カッコイイ名刺が増えました。
QRコードの普及で、スマホで交換になるのでしょうか。
去年、中国の若い世代がCDを知らないことに驚きましたが、近い将来「名刺ってなに?」になるのでしょう。
おっと、これPS230のパクリ?
20180413-18.jpg
PS230は、3年前にスケッチから商品化したものです。
ネットの普及で簡単に出来る時代です。
遠くにこれからまだ見るパヴィリオンがあって、若干うんざり・・・・・・してる場合じゃないぞ・・・・っと。
20180413-19.jpg
ブースや
20180413-20.jpg
商品を見ながら
20180413-21.jpg
ひたすら歩きます。
20180413-22.jpg
パス。
20180413-23.jpg
CDの整理に個人的に興味はありますが、CD持たない時代なのでパス。
20180413-24.jpg
少し色気が欲しい・・・。
20180413-25.jpg
大きなパヴィリオンの最後の3階を見終わって
20180413-26.jpg
次のパヴィリオンに移ります。
20180413-27.jpg
歩き始めます。
20180413-28.jpg
クラシックで、よくできていますがジャンル違いで通過。
20180413-29.jpg
昼過ぎ、人も増えてきました。
20180413-30.jpg
次のパヴィリオン、次のパヴィリオンと歩き続けます。
20180413-37.jpg
ソファのブースは、ひとこまが大きい。
20180413-38.jpg
なんと、あれだけ朝食食べても、「おなかが空いて」きたぞ。
20180413-39.jpg
飛ばしすぎなのか、燃費悪すぎです。
でもこのまま何も食べずに歩くと、多分フラフラになって「ホテルのプール」の楽しみが半減してしまいそうです。
なんなら、泳ぐ時間半分の30分にすればって・・・でも多分泳ぎ始めたら止まらずいつもの1時間泳ぐだるうし・・・・・・なら思い切ってランチ!・・・なんてどうでしょ。
と、気づいたらメニューの前に僕がいました。
20180413-41.jpg
どれもおいしそうですが、迷っていられません。
予定外の、サプライズ・ランチ。
ちなみに大きなパヴィリオンなので、フードコートも大きくマックから点心までかなり広範囲なジャンルで店があります。
もちろん中国なので中華チョイスしかありえません。
ランチプレートになっていて、このカウンターで指をさしてオーダーします。
20180413-42.jpg
支払いはカードO.Kです。
豚肉を少しスゥイートな醤油ベースのあんで炒めたものとチンゲン菜、ライス、ミネラルウォーター(チョイスでバナナも選べます)
20180413-43.jpg
夢中になって食べてしまいましたが、量が多く間食すると、睡魔が追ってきそうなので、少し残してしまいました。
上のカフェで
20180413-44.jpg
ダブル・エスプレッソをオーダーし
20180413-45.jpg
番号札をもらい、テーブルで待ちます。
20180413-46.jpg
ワンブレークを入れた後
20180413-47.jpg
再び歩き始めます。
20180413-48.jpg
いつの間にか、空の色が変わっていました。
20180413-49.jpg
午後の長い日がパヴィリオンに差し込んでいました。
20180413-50.jpg
まだ歩きますが、ほとんど制覇しています。
20180413-51.jpg
閉館間近で人も減ってきました。
20180413-52.jpg
最後のブースを見終わり
20180413-53.jpg
出口にむかいました。
20180413-54.jpg
気になるブースでは全て商談したので心残りなしで出ます。
20180413-55.jpg
身になりそうな当たりは、6件くらいでしょうか。
外に出ると、この季節の広州とは思えないくらい涼しく爽やかな風が吹いていました。
20180413-56.jpg
空も青く、達成感もあって、
最後にブースの画像をおさめて、さっきブースでもらったミネラルウォーターのキャップを開けようとしたら・・・・。
20180413-57.jpg
悲劇が起こりました。
握っていた僕の相棒のカメラがすり抜けて・・・・スローモーションのようにアスファルトの上を何度も転がって・・・・・。
すぐに拾って「大丈夫か!」と声をかけたのですが、返事がありません。
どうしたって・・・・・返事してよ!・・・・なぁ、これまでマイナス20度近い極寒のケルンから、ショップでスパイと間違えられて没収されそうなったこと・・・これからホテルのプールやレストランの食事・・・起きてって・・・。
いくら呼んでもダメでした。
20180413-58.jpg
これが最後の画像となりました。
悲しすぎて涙が出てしまいました。
あの時、ミネラルウォーターのキャップさえ開けなければ・・。
すまなかった・・・・長い間・・・・ありがとう・・・。
悲しすぎるのでここまで・・です。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/13(金) 18:43:58|
  2. バイヤー&スタッフのブログ