NOCEの家具バイヤーズブログ 2018年4月20日 2018年 春 中国出張 4
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年4月20日 2018年 春 中国出張 4

今週は、先週の温かな春の日と変わって、少し肌寒く感じる日がありました。
想わず暖房器具をONにしてしまいました。
ただ、今日は朝から春らしい暖かな陽気になっています。
少し遅ればせながら、先々週の北沢川の「散りかけた桜」アップしました。
20180420-1.jpg
北沢川は、下北沢の南に位置し、池尻で烏山川と合流して目黒川となり、中目黒を通り大崎を抜け東京湾まで続いています。
かなり前にこのブログで、歩いて下北沢から天王洲(東京湾につながる運河)までを取り上げた事がありました。
今年の桜の開花は、例年より早いため「桜祭り」の只中は、散った後の「若葉混じり」でした。
20180420-2.jpg
そのため人出も分散し「そこはかとない」お花見でしたが、人が多く騒々しい花見よりいい感じでした。
20180420-3.jpg
2018年の春が過ぎていきます。
20180420-4.jpg
その晩、新宿にある「見晴らし最高」のバーに行くと、春霞の東京の空に丸い月が浮かんでいました。
20180420-5.jpg
ここは、カウンターが窓の外側に向いて設置されているため、気分を変えたい時にはピッタリです。
一杯やった後、〆にバスタ(新宿の長距離バス専用のターミナル)の上にあるオイスターバーで
20180420-6.jpg
カバ(スペインのスパークリングワイン、フランスのシャンパンのようなもの)と
20180420-7.jpg
オイスターで・・・。
20180420-8.jpg
そう言えば、ロンドンのオイスターバーでは、オイスターにボーモア(スコッチ・ウイスキー)を入れて、更にボーモアのロックでやっていました。
それは、ボーモアというウイスキーがスコットランドの島で蒸留され、「磯の香りがするウイスキー」として有名だからでしょうか。
僕は、ワシントンのオイスターボーイ(オイスター・ベイと同じかどうかわかりませんが)が好きです。
日本産なら厚岸でしょうか。
これらにカクテルソースでシャンパンなわけです。
オイスターバーを出ると、新宿の空には高く上がった満月に春の匂いが漂っていました。

今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれ絶好な春のお出掛け日和にるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客さんのご来店を心よりお待ち申し上げております。

~先週の続き~

カメラを落として壊してしまったため、ここから全部文章になってしまいました。
圧倒される街の佇まいや、地下鉄の臨場感が表せない事が残念です。
見本市会場を後にして、地下鉄駅の改札口に向かい、タッチパネルの自動発券機でコインのような丸いプラスティック製のチケットを買い、それを自動改札機にタッチさせて、ホームに向かいました。
そこから4つ目の駅で乗り換え、次の地下鉄で「ひと駅」乗って降り、ホテルに帰りました。
肩に提げていた重いカタログの束を下ろすと、少し痛い足と肩から重力が抜けた感じになりました。
今年は、予期しないくらいカタログを沢山もらいました。
後半は、重くなるので拒否した程でした。
例年は、カタログ代わりのCD・ROMでした。
これも時代でしょうか・・・スマホやタブレットが中心なので「パソコンにCD取り込んで」が無くなったからだと思います。
これも「CDってなに?」の世界でしょうか。
ホテルで一息ついて、ゴーグルにキャップと耳栓、そしてスイムウエアを持って62階にあるプールに向かいました。
フィットネスのカウンターでチェックインをして、ロッカーのカギ(暗証番号)をもらい、着替えてプールに向かいます。
誰もいないプールのまわりの窓には、眼下に広がる街の灯りとビルがありました。
長さは25メートルを少し上回るくらいで、コースはありません。
端を泳いでいれば問題はなさそうです。
ただ厄介なことに、コースエンドが壁ではなく階段になっているため、ターンは工夫が必要でした。
泳ぐこと65分、多分60往復の3キロくらいでしょうか。
いつものルーティーンです。
ホテルのプールなので、クロールで泳ぎ続ける人はあまりいません。
ほとんどがブレストです。(平泳ぎ)
20分でだいたい帰っていきます。
カップルとか親子とか・・・・。
なんか「場違いかも」ですが、ホテルのプールは人がいなくて気持いいことうけあいで、仕事の疲れも飛んでいきます。
歩いている筋肉と使うところが違うのか、先ほどまでの足の痛みと肩の痛みは感じませんでした。
プールから上がりシャワーを浴び、着替えて部屋に戻ると強烈な空腹感が襲ってきました。
フロントに行き、チャイニーズレストランを聞き64階のレストランに向かいました。
フロントで「予約なしで一人」告げ、窓際をリクエストして席につきました。
アルコールは、「出張中はなし」なので、ペリエをオーダーしました。
窓に広がる広州のにぎやかな夜をぼんやり見ていると、ホッとしたのか少し疲れている自分に気がつきました。
オープンキッチンになっていて、厨房からフライパンを振るおいしそうな音が響きます。
メニューから、シェフのトゥデイズスープとチンゲン菜の炒め、香港式炒麺(焼きそば)をオーダーしました。
どれも日本では食べられないくらい美味でした。
量は全て2~3人前で、おいしいからと食べ続けると、後で気持ち悪くなってしまい、いい思い出にならなくなってしまうので、全て半分でやめておきました。
それでも・・・前にあるとチョイチョイとたべてしまいますが。
満足感とともにチェックを済ませ、部屋に戻りバスタブに浸かってベッドに潜り込みました。
疲労感で、その晩もあまりよく眠れませんでした。
翌朝、5時にオーダーしていたモーニングコールで目覚め、9時の飛行機のため6時にチェックアウトを済ませ空港にむかいました。
カウンターでチケットを受け取り、出発ゲートに向かうと春の出張もエピローグに変わっていきました。

今回、商談成立が4件、持ち帰りが2件でした。
家具のトレンドは、見えているのですが問題は「それが売れるのか」です。
「リリースは、9月頃」を予定しています。
壊れたカメラは、隠しておきました。
見つかったら捨てられてしまうからです。

スポンサーサイト
  1. 2018/04/20(金) 17:44:41|
  2. バイヤー&スタッフのブログ