NOCEの家具バイヤーズブログ 2018年9月28日 フィンガージョイント加工のTVキャビネット
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年9月28日 フィンガージョイント加工のTVキャビネット

今週で9月も終わりです。
台風があったり、地震があったりと慌ただしく過ぎてしまい、セプテンバーな気分もありませんでした。
今日は、初秋らしく晴れ上がった空に、かすかに金木犀の香りが街を漂っていました。
秋を感じる一瞬でした。
ただ、また来週は、台風24号の直撃を受けそうな進路です。
しかも沖縄から北海道まで定規で引いたような直線で、まるで沖縄発札幌行きの航路のようです。
こんな予想図「見たことない」です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌を除いた全地域で曇りや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
特に日曜日は、新潟以西で台風の影響か、暴風雨になる予報が発表されています。
お出かけは、土曜日の方がよさそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、オーク材天然木無垢材フィンガージョイント加工されたボードを使ったTVキャビネットをご紹介させていただきます。
MT801TVキャビネット
20180928-1.jpg
まず始めに、フィンガージョイントです。
フィンガージョイント・・・・・? あまり耳にしない言葉ですが、木材加工のひとつになります。
文字では、説明し難いと思いますが、ご説明させていただきたいと思います。
木製テーブルの天板を例にすると、まず元になる天板の中身から始めなくてはなりません。
中身は、大きく分けると、天然木か「そうではないもの」2種類になります。
MDF(中密度繊維版)とチップ合板(パーティクルボード)の2つが「そうでないものの」代表になるでしょう。
MDFは、木材チップを細かく粉砕し接着剤で固めたもので、チップ合板は,MDFに比べ使われるチップ素材の繊維が荒いもので、それらをボンドで固めて成型するものです。
テーブルの天板にこの中身を使い、天然木ではない化粧紙やPVCシートを貼ると、化粧板と表示されます。
一方、天然木の薄いベニヤを貼ると、天然木化粧合板、所謂「突板」(つきいた)となります。
天板が、化粧紙か天然木突板では、天然木の方がコストは高くなりますが、見た目の高級感が違います。
そして無垢材ですが、製法が大きく異なります。
その代表が「一枚板」でしょう。
一枚板ではコストが掛かるため、一枚板より細い木を成型し、長方形のテーブルなら縦方向に張り合わせたものを集成無垢と言います。
テーブルの天板では、これも無垢と呼んでいます。
さて、ジョイントフィンガーです。(長くなって申し訳ありません)
ジョイントフィンガー加工とは、短い木をつなぎ合わせて一枚の長い板を作る製法です。
利点は、短い木にあります。
一本の枝から120cmX80cmX5cmの天板を作るためには、集成無垢材の場合、120cmⅩ10㎝X5cmの板が8枚必要になります。
一本の枝から長い板を作ると、節やいたみなどを除かなければならないため、短いほうが取りやすくなり、コストも格段に安くなるのです。
先ほどの120cmの天板で考えると、40cmX10cm5cmの板が24枚必要になりますが、コストが安く、無垢のため質感も確保できます。
ただ、短い板をつなぐと一本になった時の強度が損なわれてしまうため、その補強のための加工がジョイントフィンガーになるわけです。
ジョイントフィンガーとは、字の通り「指結合」ですが、木の断面にギザギザを施し、ギザギザを合わせて結合させるのです。
それは、「右手と左手の指同士を双方の指の又部分まで伸ばして面を作る」様」に似ているからでしょう。
さて、(ようやくテーマ)今回のTVキャビネットですが、ジョイントフィンガーの荒さがかえって素朴さを強調しています。
20180928-2.jpg
構造は、ドアと引き出しのシンプルなものになっています。
20180928-3.jpg
引き出しの上にあるシェルフには、コード用の穴が施されています。
20180928-4.jpg
ブラックコーティングされたスティール製の脚が、全体の雰囲気を締めています。
20180928-5.jpg
天然木を使うと、どうしてもナチュラル感が先行してしまい、甘くなってしまいますが、このアクセントで、その部分は払拭されています。
素材は、オーク天然木無垢(フィンガージョイント加工)で表面をオイルで仕上げています。
20180928-6.jpg
オークのオイル仕上げにより、素材感が活かされ高級感さえあります。
インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル、カフェ、ナチュラル、北欧シンプル、ネオ・ノルディックとシンプルな構造と素材感から、ほぼオールマイティに合わせられそうです。
ソファ9296と合わせるとネオ・ノルディックが味わえそうです。
また、NEW. NEST, NEW ANGLEで合わせるとブルックリンが実現しそうです。
またデニム素材のソファ、7220HY5822 7182 HY0251 1665Bなどと合わせると双方のナチュラル感が増し、暖かなインテリアになるでしょう。
さて、価格ですが49,800円(税込)集成無垢材より価格は低く抑えられています。
オーク材のフィンガージョイント加工をオイルで仕上げた事により、素朴さとインダストリアルが融合され、クセがなく上品質なものとなっています。
実物をぜひNOCE各店にてお確かめ頂ければと思います。

スポンサーサイト



  1. 2018/09/28(金) 16:31:03|
  2. バイヤー&スタッフのブログ