NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年2月20日 ケルン国際家具見本市3
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2009年2月20日 ケルン国際家具見本市3

予定より早く見終わってしまったため、
見本市会場を後にしてすぐホテルへとむかいました。
待ち合わせ場所が僕のホテルのロビーだったので
余った時間にシャワーでも浴びてしまおうと思ったからです。
約束の時間にロビーで会って予約してあるワインレストラン
「ヴィンテージ」へとむかいました。
そこは何年か前に何度か行ったことがあります。

UNI_0599.jpg
ケルンではめずらしくフランス、イタリア産ワインを出す店です。
勿論、ドイツ産が多いのですが。
ワインレストランという程かしこまった感じはなく
カジュアルでワインバーとレストランの間といった感じでしょうか。
店内の壁にはところ狭しとワインボトルが積みあがっています。
これは、ワインショップとしても営業しているからです。
最近移転したらしく以前はノイマルクト(新市街)の狭い道沿いにあり
当時、狭いせいもあり当日予約はダメでした。
今はノイマルクトの中心から少しはずれた所に大きくなってオープンしました。

ケルンで他人と食事というとだいたいイタリア人が多く、
彼らはあまりこういった店は好きではないらしく
ドイツ郷土料理(350グラムくらいのビーフステーキにジャムをつけて食べるやつと 大皿のフレンチフライ)か、アルゼンチン産牛肉の炭火焼です。
これを女性でも500グラムくらいは平気で食べてしまいます。
僕はおいしいとわかっていてもせいぜい150グラムが限度。
これに平均ワインひとり一本です。
体が違うとは言え最初はビックリしました。
それもだいたい午前2時位までグラッパ
(アルコール度40のイタリア産ブランデー)と
エスプレッソで僕には意味のわからないイタリア語で「Y談」を。
この店はケルンで有名な店なのですが肉がそこまで食べられないので
プライベートで使ったことはありません。

ヴィンテージの店内は前よりも落ち着いた雰囲気になっていて
東京のその手のワインバーと変わりませんでした。
シャンパンをグラスでもらい、フレンチブレンドの白ワインから始めました。
シャルドネ種を使った樽熟成でドイツ製とは思えない味でした。
それからフランスのボルドー産の赤を2本空けました。
合計すると彼が1本くらいなので僕は2本飲んだことになります。
ここまで飲むとさすがに結構酩酊状態になるのですが、
ここで終わりたくないという気持ちも同時にわいてきてしまうのが
困ったところです。
ケルンはじめての彼に「ツヴァイ、ケルシュ!」
(ツヴァイはドイツ語で2つ、
ケルシュとはケルンの地ビールの総称で比較的軽いが美味)
と言わせたくなりました。
ノイマルクトからどうやって歩いたのか覚えていませんが、
オイマルクト(旧市街)まで歩いていきました。
オイマルクトには、ヨーロッパ特有の狭い路地があり、
ビアホールやジャズバーなどの飲み屋などが沢山あります。
夜更け過ぎてもとてもにぎやかです。
(夜遅くドイツとはいえ女性の一人歩きや、
慣れない人にはおすすめ出来ません。)
雰囲気は最高です。
酩酊してのバー巡りは答えられません。

UNI_0602.jpg
一軒、こぢんまりとしたビアホールに二人で入り、
というか入った瞬間僕はまずいと感じてしまいましたが。
客は全部カップル。
男同士。
店員も全部当然、男です。
でもなにか雰囲気がちがいます。
ここは間違いなく同性愛者のバーです。
パリでも言われなければわからない「そういった所」がいっぱいありますが
本当に普通でした。
(僕は同性愛者ではありませんが、別に気にしません)
でも、ここドイツは違います。
やはり男っぽいです。
酔った僕の友達はそうとも知らず
「ツヴァイ、ケルシュ!」とニコニコしながらカウンターに。
すると、ウエイターがニヤニヤしながらグラスを僕達のテーブルに。
「これで一杯飲んだらすぐに他のバーにはしごしなければ」と思いました。
なぜなら、僕がそっちの気があって彼に
「わざわざ、とことん酔わせてこの店に連れ来んだのでは」と
誤解されても困るし、
「僕がそっち系の人」と思われても困るからです。
でも時すでに遅し。
彼の正面、テーブルを挟んだ僕の後ろの大型プロジェクターに
店員が僕達にサービスのつもりかわかりませんが、
男同士の愛の世界のDVDを写しはじめました。
ここはドイツです。
当然モザイク無しです。
酔っている彼は、幸いあまり気にしていない様子。
「ケルンのビアバーはこれが普通なんだ」と思ったかもしれません。
違います。
DVDの内容については、間違ってもとても書けません。
このまま、ここに居ると店側からも誤解されて
「えらい事」になるかもしれないと思い外にでました。

UNI_0604.jpg
2件目は普通のビアバーに行き、僕の記憶もこの辺で途絶えました。
明日は、夜の便で帰国です。





スポンサーサイト



  1. 2009/02/20(金) 09:29:16|
  2. バイヤー&スタッフのブログ