NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年3月27日 中国出張 1

NOCEのバイヤーズブログ

2009年3月27日 中国出張 1

先週は、中国出張のためお休みさせていただきました。
東京はサクラの開花宣言も先週末に発表され
今週末は絶好の花見日和になるかもしれません。
日曜日は少し曇りそうですが雨にはならないとの予報なので、
土曜日がおすすめでしょう。

今回の中国出張は、展示会視察です。
初日は東莞(ドンガン)に香港から陸路で入り
翌日展示会を見たあと、その日のうちにバスで広州に行き、
翌日展示会を見てその夜の列車で香港に戻り
翌朝帰国という毎度の超過密ハードスケジュールです。
ホテルは3夜とも別の場所で、
夜チェックインして翌朝8時にチェックアウトというものです。
移動手段は全て未定です。
なぜならば、商談が長引くなど急な予定変更があるかもしれないからです。

初日は、ひたすら東莞に向かいます。
朝6時に起き、8時16分渋谷発の成田エクスプレスで空港に向かいます。
やはり香港なので航空会社はキャセイです。
個人的にはシンガポール航空と同じくらい気に入っています。
今回の機材はエアバスA340で、
定刻通りに離陸しました。
0327-1.jpg 0327-2.jpg 僕は、どんな乗り物であっても基本的に窓際に座ります。
西に向かう場合は進行方向の右側の席を、
帰りは左側を事前予約しておきます。
日本を見ながら行けるからです。
逆サイドの窓からは海しか見えません。
飛び立つとすぐに羽田空港の後ろに広がる東京が見えます。
0327-3.jpg しばらくすると絶景の富士山が現れます。
天候や飛行コースによっては見えないこともよくあるのですが、
今日は恵まれました。
ほぼ真上からキャッチできました。
まさにフジツボです。
0327-4.jpg
中部国際空港(写真右斜め下の島のようなもの)を過ぎた後から曇ってしまい
鹿児島の桜島も台北(台湾)も見えませんでした。
0327-5.jpg
飛行機が降下を始めてしばらくすると
香港郊外の島と南シナ海の青い海が見え始めました。
0327-6.jpg

香港から東莞までは、
行き方は自動車かバスの陸路か列車、船のどれかになります。
一番早いのが船です。
香港空港は珠江(中国の4大大河のひとつ流域面積は2番目の広さ、長さは、2200キロ)の河口に位置しているため、
川といっても海にしか見えません。
この川は、大型コンテナ船も楽々で川沿いに多数のコンテナの港があり、
これがこの地域の驚異的な発展に寄与しました。
この地域でありとあらゆる物を作っています。
珠江(パールリバー)デルタ地帯とよばれています。

さて、船を使うと一番早く中国に行けます。
船を使ったことは、過去数回あるのですが、
あまり地元の人以外は利用しないらしく
到着の港からの交通手段があまりありません。
その港からだいたいタクシーで30分位なのですが、
タクシーは待っていません。
よって怪しげな白タクのおっちゃんに交渉するしかありません。
またタクシーが来たと喜んでも外見はタクシーでもメーターは動きません。
これもネゴシエーションベースです。
新宿や渋谷の白タクや会社のタクシーを使った
違法アルバイトと変わらないのですが、
言葉が通じないのと初めからこちらが旅行者という条件が不利なわけです。
(こっちが酔っ払いの場合同じ)

初めて行った時に100元(1600円)と言われ、
高いのか安いのかわからずに乗ってしまいましたが、
船とあわせてもバスと変わらないので「ま、いいっか」と使っていたのですが、
去年、石油価格が上昇した時に地獄を見てからこのルートは使っていません。

港に着いても全然車がいないのです。
やっと見つけた車に交渉を開始すると500元だというのです。
「ここは、ぼったくりでも100元だ」と言う事を
30分以上も筆談で交渉していると、
別の白タクが現れ200元にチップでいいと言われ乗り移ろうとしたら、
今度は500元の方が150にするから早く乗れと怒りはじめました。
すると片方が100元でOKと言ってきたので
100元札を見せてリコンファームをしました。
交渉はすでに2時間を楽に越してました。
最終的にこちらに乗ったのですが、
ホテルに着く前に車をひとけのない別の場所に停め、
100元の他にチップが必要だといい「有り金を見せろ」と始まりました。

ここは、本当に100元しかないので「これで支払わせてくれないか」と
ニコっとアメリカンエキスプレスカードを見せました。
昔、「出かける時は忘れずに」とCMでやっていたし。
ここで少し険悪になったのですが、
相手は僕が少し「いかれてるんじゃないか」と思ったのか
(これも作戦のひとつですが、事実100元とカードしかないからです)
ホテルでカードキャッシングして支払うということで納得してもらい
ホテルまでいきました。
ホテルのエントランスに着きボーイが車のドアを開けようとすると
運転手が慌ててボーイに大声で、たぶん、
「こいつ(僕)まだ支払いが終わってないので降ろすな」
と怒鳴っていたのだと思いますが、始まりました。
僕はすきを見て強引にドアを開け外に出ると
ボーイから料金を支払うように言われ、100元を支払うとボーイが運転手に
「おまえこれで充分だろ」とでも言ったのでしょうか、
僕に「ここは片付けるから早くチェックインを」と言われ、その場を去りました。

100元自体が法外なのですが、なぜかスッキリしません。
実際、石油価格高騰と万年石油不足の頃で
ガソリンスタンドには2キロ位の渋滞が出来ています。
朝から並んでいてもその日のうちに入れられない事も当たり前の頃です。
たとえ100元は、法外でも(実際は、60元らしい)、
不便な所を考えてネゴシエートしたので問題ありません。
問題は、チップです。
多分、半額の50元、また30元でも良かったのかもしれません。
500円位です。
500円は、日本ではせいぜい「おつかれ!の中ジョッキー」で消えてしまいますが、
ここでは日々の生活にかかってしまうのです。

これは、ボッタクリのようでボッタクリではありません。
ゴールデンウイークに値段が高くなるのと原理は同じだからです。
しかも、乗る前に合意しているのです。
もしその価格に同意できなければ、乗らなければいいのです。
ただ、乗らなければ永遠に待つことになるか、
徒歩で目的地に行くしかなくなります。

世界では、メーター付きのタクシー、
チップのない世界の方が圧倒的に少ないと思います。
基本的には、タクシーは交渉ベースです。
チップは10%目途で後は気持ち次第です。
ネバっても払わなかったのは、
後からもし別の日本人に「おどせば払う」という印象を持たせたくなかっただけです。

話、もとに戻します。

かの理由で今回は、船のルートを止めバスにしたのですが、
この不況で間引きされていました。
2時間待ちと言われバスチケットカウンターで迷っていると
「プライベートカーはどうか」と言ってきました。
「また、怪しい客引きか」とおもったのですが、
内容を詳しく聞くと乗合のワゴン車で現地まで行くシステムだそうで
210香港ドル(2940円)でした。
バスとたいして変わらないし「今ならすぐ出発できる」とのことで
台湾の人たちと定員いっぱいで出発しましたが、これならバスのほうが楽でした。
車で香港国境を越えるのは初めてです。
これは、車でのパスポートコントロールです。
ここを過ぎると中国側(深蝨ウ)にも同じゲートがあり入国となります。
香港と中国では、通行区分がかわるので(香港は元英国領のため左、中国は右) 車を乗り換えることになります。
<香港側の車> 0327-7.jpgのサムネール画像









<入国>
0327-8.jpg
<中国側の車>
0327-9.jpgのサムネール画像












このシステムも無駄がありません。
香港より質は劣りますが同じようなワゴン車がズラッと路上に並んでいて、
行く先を告げると案内されます。
そして定員になるまで待って出発するのです。
(慣れない人にはお勧めできませんので、
 違う方法を旅行会社に相談された方がいいと思います)

東莞の街が暮れかかってきました。
0327-10.jpg









朝、8時に下北沢を出て現地のホテルに着いたのは、
日本時間8時頃でした。 0327-11.jpgのサムネール画像









スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 04:32:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ