NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年8月21日 わけ有り値下げ商品でも中身はすごい
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2009年8月21日 わけ有り値下げ商品でも中身はすごい

先週、夏休みのためブログお休みさせていただきました。
水木金と通常の土日で5日間もお休みできました。
なんとか天気にも恵まれまずまずだったのですが、
例年の夏のようなパワーは感じられませんでした。
今週も日陰に入れば暑さをしのげる程度の気温で、
少し秋の気配さえ感じることができました。
週末もこのような天気が続くようです。
来週も中頃を過ぎると朝晩ぐっと涼しくなるようです。

今週の商品紹介なのですが新商品ではありません。
少し元気の無くなる話なのですが仕方ありません。
バイヤーをやっていれば当たり前のことなのですが。
誰も売れないと思ってバイイングはしないはずですが、
ちょっとした事でミスマッチになってしまうのです。
上司からは冷たい目線が浴びせられます。
店舗からも評判が悪くなります。
このような経済環境ならなおさらです。
と、前置きが長くなってしまいましたが、
用はあまり期待するような売上には至らず
値下げをしなければならなくなった商品の紹介なのです。
とはいえ、構造もしっかりしていて申し分ないソファです。

20090821 2009L 2P PU.jpg 2009Lソファ 2人掛け パープル
¥49,800 → ¥39,800
張地:マイクロヴェルベット、中身:ウレタンフォーム、脚:木製
Made in China
※組立式
◇色違い、左からグリーンベージュピンクです。 20090821 2009L 2P GR.jpg 20090821 2009L 2P BE.jpg
20090821 2009L 2P PK.jpg





デザインは北欧と少し前のイタリアモダンを「足して2で割った」感じです。
個人的に反省も含めてコメント(出来る立場では決してありません)
させていただければ写真写りがあまりにもひどいのです。
クッションがまるで目玉のようで
全体のデザインをグロにしてしまっているのです。
いっそのことのせない方がよかったかもしれません。
次に価格です。
全体のポテっとした感じや、
アームが無い事などからコスパが感じられません。
「じゃあ何故選んだのか」といわれれば背もたれの曲線です。
少し前、イタリアでよくこのデザインを見て「欲しかった」のですが
当然イタリアのこと、値段は10倍以上します。
そこでこのソファを見つけて人目惚れとなったわけです。

さて中身なのですが、値段が下がれば相対的にその価値はあがります。
(1) 20090821-1.jpg    まずシートの部分ですがSバネを本体に対し7本垂直に、
   平行にウェービングバンドをはります。
   これだけでシートの強化と座り心地を保証します。

(2) 20090821-2.jpg    薄いウレタンシートで全体を保護します。

(3) 20090821-3.jpg    フレームに使用されている木は質の高いものです。
   かなりキッチリと組んであり、横の一本一本に補助を入れ
   コーナーに「すみ木」を入れる事により剛性をより増加させています。

(4) 20090821-4.jpg    このシートに密度の高いウレタンを使用します。

(5) 20090821-5.jpg    背もたれのフレームにもウレタンを巻きます。
   こうする事により寄りかかった時の気持ち良さが保証されます。
   ただこの部分がコスト高の原因になってしまいました。

この商品は、いわゆる「わけ有り商品」なのですが、
理由はコスト高にあると思います。
商品自体それほど悪くないのですが、「商品に対して価格が高い」のです。
商品の値段を決定するのはやはりマーケットです。
売れなければ商品が合っていないのです。
それは、価格もあり、デザインもあり、ファッション性もありなのです。
ただ一番の責任はこれを開発したバイヤーにあります。

当然、上司から「責任取れ」と追求されます。
今回の言い訳は「時代が悪すぎる」ですが本当はそう思っていません。
今回の値下げ価格が適正ではないかと思うからです。
ただ会社に利益を落とすことは出来ません。
そこで上司には
「ご購入いただいたお客様には還元していることになりますよ」と
上手い責任逃れのフレーズでかわしておくことにしました。
上司に言わせれば、世の中「わけ有り商品」が流行っているそうですが、
僕の場合「言い訳あり商品」だそうです。

スポンサーサイト



  1. 2009/08/20(木) 02:49:52|
  2. バイヤー&スタッフのブログ