NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年11月6日 チェンジャブル(左右交換可能)だけじゃない、おまけも中身もすごい

NOCEのバイヤーズブログ

2009年11月6日 チェンジャブル(左右交換可能)だけじゃない、おまけも中身もすごい

今週は連休ではない休みがあり、
なにかちょうどよく仕事がこなせています。
3連休または5連休ともなると
少し仕事に復帰するのに時間がかかります。
海外からのメールも大量にたまってしまい
処理するのも面倒臭くなってしまいます。

最近は、すごく暑かったり、寒くなったりと
不思議な天気になっていました。
週末は、ほぼ全国的に天気に恵まれそうで
絶好の「お出かけ日より」になりそうです。

今週の商品は、システムソファのご紹介です。
このソファにはけっこう僕の苦悩がこめられていて
説明のしがいが盛りだくさんです。

まずデザインからですが、かなりシンプルでスッキリしています。
1106-1-2.jpg 1106-1-1.jpg
9040ソファ ダークグレイ
¥39,800

W174×D120(70)×H68(40)cm
Made in China
※部分組立
Online storeでもお取り扱いがあります。

どうもこの手のシステムソファだと
構造的にスッキリしないデザインになってしまう傾向にあります。
ダサいか超モダンになってしまうか、
またデザインに凝るとコストがかかって
一般的ではないものになってしまうのです。
脚をテーパー(先のほうが細くなる)にして、
ウォールナット色にペイントした事もこのデザインに寄与しています。
また、背もたれとシートとアームの大きさのバランスがよく、
特に背もたれの高さが低い事で全体をコンパクトに引き締めています。
1106-2.jpg









色はこのダークグレィの他に、ライトグレィ、ピンク、
ダークブラウンの4色展開です。
若干光沢のある布で、
スーツなどに使われているものと少し似ています。
これがまたこのソファをエレガントにさせています。

そして機能ですが、今向かって右にあるカウチ型のクッションを
裏返して左に置く事で
1106-3-2.jpg 1106-3-1.jpg
右と左に差し替える事ができるのです。
1106-4-1.jpg 1106-4-2.jpg









この機能によりお部屋の状況を選ばないだけでなく
模様変えの時も役立ちます。
これはこのクッションの表と裏に同じ生地が張ってある事で
可能になったわけです。
まさにチェンジャブルです。
1106-5-1.jpg 1106-5-2.jpg








そして中身ですが、
これもシート内部にポケットコイルを使用していて
すわり心地もなかなかです。
昼寝にはピッタリかもしれません。

もうひとつ。
シートの上に置いてあるふたつのクッションが
「おまけ」でもれなく付いてくるのです。
まるでTVショッピングのようになってますが、
このおまけの中身もすごい。
なんと!フェザー(羽毛)が入っているのです。
これで税込価格39,800円です。
驚きのNOCEプライスです。
御興味のあるお客様はお早めのチェックを。
初回ロットは足が速そうだからです。

何を悩んだかというと、
今回は「あくなき安さの追及」に走らなかったことです。
これは中国出張の間に「考え方を少しずつ変えていこう」と思ってからの
バイイングです。
「おまけ」に凝ってみたり、中身や生地にこだわってみたりと
世の中の流れに逆行しているかもしれませんが
僕の頭もいつもチェンジャブルじゃないと激動の世の中についていけません。

突然ですが代官山にも秋が訪れていました。
1106-6-1.jpg 1106-6-2.jpg












以前CDのセレクトショップの事を書きましたが、
やはりミラノクラブ系ジャズが欲しくて来てしまいました。
お目当ては無かったのですが、かわりにフィンランドの
クラブ系ジャズのコンピレーションを買って帰りました。
ミラノに較べると少しおとなしく感じますが、
この中から好きなアーティストのアルバム聴いていこうとおもいます。

さすが代官山のコンビニもちょっと違います。
1106-7.jpg














上のコンビニの先に熾烈な競争をしているトップ3のうちのひとつで、
店名の前に「自然」という言葉がついているコンビニがあります。
1106-9上の・・・.jpg









店内も少し違っています。
また外にウッドデッキのある大きなテラス席があり、
これがけっこういけます。
自分の好きなもの、それこそカップ麺、
おにぎりから焼きたてクロワッサン、パニーニまで選び放題で
コーヒーはドリップでひとつひとつマニュアルで入れてくれます。
僕はコーヒーとクロワッサンでパラソルから空を見ていました。
1106-8僕は・・・.jpg 違うところで買ってしまったのですが
1106-10.jpg 僕の一番今気に入ってるのがこれ。
Papikのrhythm of lifeというCDです。
IRMAレーベルというイタリアのレーベルなのですが、
このレーベルはSCHEMAとならんでかなりの際ものを出しています。
このCDもコンピレーションなのですが、「はずれ」がありません。
前回のブログで紹介した S-tone incより聴きやすいかもしれません。
とにかく「カッコいい」の一言です。
特にEly Brunaのヴォーカルが最高でした。
(クラブ系ジャズはいわゆるジャズとは少し違っていて
あえて近いジャンルでいえばラウンジ系と言ったほうがいいかもしれません)

スポンサーサイト
  1. 2009/11/06(金) 01:03:04|
  2. バイヤー&スタッフのブログ