NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年12月4日 IFFT2009冬

NOCEのバイヤーズブログ

2009年12月4日 IFFT2009冬

今日は、昨日の冷たい雨と違って抜けるような青空が拡がっています。
ただ週末は残念ながらこのような天気にはならないようです。
日曜日はやや持ち直すという予報がでていますが。
明日は少し寒そうなので
家にこもって午後から街にでも出ようかと思っています。

今週の商品は、ダイニングテーブル2点です。
1204ダイニングテーブルBF6123.jpg ダイニングテーブルBF6123 ウォールナット
¥14,800

W120×D75×H74.5cm
ラバーウッド、ウォールナット突板
Made in taiwan
※組立式

1204ダイニングテーブルBF6123S.jpg ダイニングテーブルBF6123S ウォールナット
¥12,800

W75×D75×H74.5cm
ラバーウッド、ウォールナット突板
Made in taiwan
※組立式

カフェインテリアには絶好なテーブルです。
脚はラバーウッドにウォールナット色で仕上げていますが
天板は、天然木のウォールナットベニヤを使用しています。
いわゆる突板天然木というものです。
これによりかなり雰囲気がよく仕上がっています。
デザインはヨーロッパのユーズドといった感じで
先の細くなった脚(テーパードレッグ)を
「それぞれ外方向に向けるスタイル」と角を丸くした天板で
日本でも60年代、70年代に北欧家具の模倣として流行したスタイルです。
日本でも北欧ユーズドなどで多く見られるスタイルで、
日本のカフェスタイルには無くてはならないものになっています。
天板に天然木を使用しているので全体的にやわらかく、
ゆるさを求めるインテリアにはとても合います。
まさに「ウチカフェ」です。
そしてなんと天然木を使用していながら、
12,800円と14、800円とNOCEならではの驚きのプライスです。
ソファは、張地にかかわらず「小ぶり」なものが似合いそうです。
NOCEには小ぶりでリーズナブルなソファが充実しているので
ご一緒にご検討されてみてはいかがでしょうか。
チェア2脚にソファをつけても50,000円でおつりがきます。
雰囲気はすぐにカフェになります。
カフェごはんにはさとうと醤油ベースの「そぼろパスタ」がピッタリです。
ちなみに僕は、「すき焼きの割り下」を使っています。
その時は牛挽き肉100%のほうがおいしくできます。

さて、今週「IFFT」(インターナショナル、ファニチャー、フェア、トウキョウ)が
東京ビックサイトで開催されました。
年々小さくなってしまい
今年は、「ライフスタイル展」と一緒になってしまいました。
一番大きかった時でさえ、世界の「見本市」からすれば小さかった規模も
今年は「当時の20%以下」になってしまいました。
しかも家具には人が少なく
雑貨関係のブースが辛うじて賑わっていた程度でした。
デフレという世相を反映しているのか、
「今はインテリアどころではない」といった感じなのでしょうか。
僕は「こんな時だからこそ生活にうるおいを」と思うのですが。
もちろんリーズナブルで。
家具バイヤーとしては、どんなに小さくなっても東京で開催される以上
見なければなりません。
少し胸が痛くなるのですが。
イタリアの出展者が
「世界でこれだけ有名な東京の家具見本市がこの規模?」
といって失望していたのは、5年前でした。

下北沢から渋谷に出てまずはランチです。
1204-1.jpg












ここは三宿にある「京うどん」の支店で
かき揚げうどんがおすすめです。

JR渋谷駅からお台場電車に乗ります。
1204-2.jpg












<お台場電車>
1204-3-1.jpg
1204-3-2.jpg



車窓からビルを眺め、
1204-4.jpgのサムネール画像











大崎を通り
1204-5.jpg
国際展示場駅で降ります。
1204-6-1.jpg 1204-6-2.jpg
エスカレーターをのぼると
1204-7.jpgのサムネール画像











ビックサイトのアトリウムが街路樹の向こうに見えました。
1204-8.jpg
青い空にクレーンがささっていました。
1204-9.jpg













アトリウムの下に「IFFT」の案内がありました。
1204-10.jpg 1204-11.jpg














たった2ホールしか使っていません。
6ホール使っていたころが嘘のようです。
エントランスを抜け会場を目指します。
1204-12.jpg 1204-13.jpg
途中、秋の葉と空が床に写っていました。
1204-14.jpg









レセプションで登録をします。
1204-15-1.jpg 1204-15-2.jpg
中に入ると思っていたより人がいました。
1204-16.jpg 1204-17.jpg
会場内にはこんなカフェもありました。
1204-18-1.jpg 1204-18-2.jpg
各ブースの撮影は、禁止されているため撮れませんでした。
印象を言えば家具の出展が少なく実質1つのホールだけといった感じです。
国内メーカーは高級なものが多く値段も高額でした。
海外メーカーは残念ながら「やる気なし」で
出展者が寝ているブースもめずらしくありませんでした。
来年はインターナショナルではなくなってしまうのでしょうか。
結局、実質20分で全部見終わってしまい、少し寂しい気がしました。

会場を後にして、
1204-19.jpg













アトリウムの4Fにあるカフェ(イタリアンリストランテ)でコーヒーを。
1204-20.jpg
ここは穴場で午後3時には殆ど人がいません。
湾岸が見渡せます。
遠くに建設中のおおきな橋が見えました。
1204-21.jpg







木場の運河の横に
1204-22.jpg
豊洲マンションが冬の早い落日を待っていました。
1204-23.jpg











空が群青から黄昏に変わろうとしています。
1204-24.jpg
会場の滞在時間と同じくらいカフェにいました。
上司から「時間つぶし」と言われそうですが、
僕にとっては今日の出来事のほうがつらく感じます。
アトリウムを出て人の少ないメインストリートを駅に向かいます。
1204-25.jpg







木々の葉が秋の終わりを告げていました。
1204-26.jpg













国際展示場駅はもうすぐ夕焼けに包まれます。
1204-27.jpgのサムネール画像
戻って来た渋谷のオレンジの空に、ビルの影が写っていました。
1204-28.jpg









やがてその色もピンクに変わり今日が終わっていきました。
1204-29.jpg













スポンサーサイト
  1. 2009/12/04(金) 04:03:28|
  2. バイヤー&スタッフのブログ