NOCEの家具バイヤーズブログ バイヤー&スタッフのブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年7月14日 新色にリニューアルされたソファ

今週は、梅雨明けを感じさせるくらい暑く晴れた日が続いています。
それでも空を見上げると、まだ夏本番の青空ではありません。
これは、オホーツク海高気圧がもたらす「晴れ」で、まだ暑くても風がカラッとしてさわやかです。
昨日も下北沢の空には、秋を思わせるような夕焼けに包まれていました。
20170717-A1.jpg
雲を彩る橙と淡い水色の空、まだ浅い夏に吹き込んだ風は、少し冷たく感じました。
20170717-A2.jpg
来週は、梅雨明けでしょうか。
そして今週末は、「海の日」を含む3連休です。
海だ!と九十九里に毎年行こうとしますが、だいたい途中で断念してしまいます。
ローカルな話ですみませんが、東関道で湾岸市川から穴川まで渋滞すると、いくら抜け道知っていても無理です。
今年も多分無理でしょう。
ただ昨今、子供の海離れが顕著なのでチャンスありかもですが・・・・。
そういえば最近、連日の猛暑に熱帯夜にもかかわらずセミの声、全く聞きません。
セミも少子化で減少しているのでしょうか。
3連休が絡む今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、初日土曜日は仙台を除いて恵まれ、日曜日は札幌と新潟を除いてまずまずとなりますが、月曜日は関東と仙台を除いて曇りや雨といったハッキリしないお天気になるそうです。
関東は、連日もう梅雨が明けたようなお天気で来週もあまり雨が降らないようです。
今日もかなり夏!です。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


今週は、現行色を一旦廃番にして、新たな色でリニューアルしたソファを御紹介させて頂きます。
20170717-1.jpg
このソファのリリースは、2014年6月でした。
当初は、グリーン、オレンジ、イエロー、ブルーの4色でした。
全体的に「丸くてコロっと」が強調されたデザインなため、ヴィヴィッドな原色系を使用していましたが、今のNOCEのラインナップから若干外れてしまうため、色変更となりました。
前の色は、所謂ポップなカラーで、スツールとセットになったソファでは、ややカジュアル過ぎる感じでした。
今回の新色は、グレーと
20170717-2.jpg
ブルーになります。
20170717-3.jpg
ソファは、張り地によってかなり表情が変わってしまいます。
今回の、ブルーとグレーに変更する事により、別物になったような気がします。
デザインは全く変更なく、丸を強調した厚めのアームと背もたれが特徴ですが、
20170717-4.jpg
このようにコーディネートすると「別物」の意味がおわかりいただけるかと思います。
20170717-5.jpg
従来のポップなカラーリングではあり得ない程、お手本のカフェ系インテリアが実現できます。
ブルックリンやナチュラル系でも同様かと思います。
20170717-6.jpg
従来のカラーでもブルックリン系を中心にイメージ出来ますが、余程環境が整わないとかなり難しいものでした。
今回のリニューアルでカラーが変わりコーディネートが簡単になった分だけ、イメージしやすくなったかと思います。
価格は、49,800円(税込)と現行色処分価格(35,800円)から恐縮ながら戻させていただきました。
カラーリングの違いで表情が変わるソファ、是非NOCE各店にてご確認いただければと思います。

YU9112ソファ(オットマン付き)
¥49,800(税込)
サイズ : ソファ:幅130×奥行81×高さ79(42)cm、オットマン:幅50×奥行50×高さ42㎝

  1. 2017/07/14(金) 16:02:26|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月7日 アカシア天板のブルックリン系ダイニングテーブルとベンチ

今日は7月7日、七夕です。
織姫と彦星の話は、とりあえず置いといて、「短冊に願い事を書いて笹の葉に結ぶ」って最近あまり見かけなくなりましたが、実際どうなんでしょう。
最近、「夢」がわからない人が増えているそうです。
夢と言えば、「夜、寝るときに見るもの」限定みたいです。
確かに「将来の夢」とか「夢は何?」と聞かれると「はー?」でしょうか。
僕は、短冊に「ロマンスカーが下北沢に停車するように・・・」です。
今日は、カルピスの日や冷やし中華の日、浴衣の日、でもあります。
夏らしい響きです。
例年だと、来週にも梅雨明けなので「夏!」はもうすぐです。
夏の暑い日、冷たいカルピス、グラスに響く氷の音、少し遅めの午後、喉を滑る冷やし中華、着なれない浴衣でおなかが冷えてしまって・・・・ではないです。
東京は、今晩「晴れ」の予報がでているので、もしかしたら七夕「織姫と彦星、かささぎが見えるかも」です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、記録的な大雨に見舞われている福岡は、土日とも雨、広島も土日ともぐずつくそうですが、他の地域は大阪の日曜を除いて概ね良好だそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、重厚感がありまた感度もいいブルックリン系ダイニングテーブルと
20170707-1.jpg
ベンチを御紹介させていただきます。
20170707-2.jpg
デザインは、極シンプルなものです。
20170707-3.jpg
4本のミッドセンチュリー系の脚に天板が乗っただけの構造です。
それでも強烈なインパクトがあります。
それは、天然木無垢材を使った分厚い天板と、その表面に見える木目です。
アカシア天然木無垢を使った天板上に見える木目は、大変美しく芸術とも言え、高級感さえ漂います。
20170707-4.jpg
(自然の木材を使用しておりますので、木目はすべて同じものはありません。)
スティールの黒い脚は、ミッドセンチュリー系で若干外に開いています。
20170707-5-2.jpg
天板に対し、やや細めに見える脚が、このマッシブな天板の強さを和らげています。
シンプル且つ繊細な脚と天板の厚さが見事に調和しています。
ベンチも基本的に同じ構造とデザインですが、こちらも単体だけで相当なインパクトがあるので単体で使用しても充分な価値があります。
20170707-6.jpg
また、ラックなどベンチ以外にも使えそうです。
インテリアの観点ですが、これだけインパクトが強いためどのインテリアシーンでも使えそうですが、
やはり王道のブックリンやインダストリアルにはよさそうです。
素材は、天板やシートにはアカシア天然木無垢、脚はスティールで艶消しブラックにて塗装してあります。
このあたりのスティールを使ったブルックリン系チェアは、申し分なくはまります。
20170707-7.jpg
20170707-8.jpg
20170707-9.jpg
最近のブルックリン系カフェインテリアが簡単に実現できます。
ただ、他に木製チェアでも充分合います。
さて、価格ですがテーブルが48,000円(税込)ベンチ29,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えられないくらいお値打ちです。
初回入荷分は、好評でやや品薄になっています。
次回発注済みですが、10月以降になりそうなので、ご興味のあるお客様はなるべく早くお確かめいただければと思います。

夏の午後、部屋の真ん中に置かれたマッシブなテーブル。
ベンチに腰掛けて、頬杖ついて抽出中のコーヒーマシンを待つと、挽きたての豆の香りに、近所のクレーンの音さえ音楽になった。

SLO-01ダイニングテーブル
¥48,000(税込)
幅160×奥行80×高さ76.5cm

SLO-02ベンチ
¥29,800(税込)
幅140×奥行40×高さ45.5cm

  1. 2017/07/07(金) 16:10:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年6月30日 「かわいい」だけじゃないソファ

今週は梅雨らしく、くもりや雨で湿気の多い日が続いています。
今日も朝から、少しジメジメとした小雨が降っています。
それでも明日から7月です!
海開きです。
遅い午後、小田急線に揺られ、江の島まで行って、まだ日が沈まないうちから、海の家のバーで一杯いただいて、空が茜色になって、群青色に変わるころ、少し冷えた潮風が頬を通り過ぎて・・・・ただ少し飲み過ぎてしまって・・・帰るの面倒くさくなってしまいそうなので行くの止めて下北沢のバーで一杯・・・。
「帰るの面倒くさい」を「いかに克服するか」でしょうか。
下北沢にロマンスカーを停車させれば克服できるかも。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日、札幌を除いて雨やくもりとあまりはっきりしないお天気で、日曜日は新潟、札幌の他は、くもりがちですが「まずまず」となるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新入荷で小ぶりなデザインながら、使い勝手のよさそうなソファを御紹介させていただきます。
20170630-1.jpg
バイイングは、今年の3月でした。
決め手は、小ぶりである事と、「丸みを帯びたコロッとした感じ」とリーズナブルな価格でした。
手頃なスタイルと価格から、最近の流行色も取り入れることが出来、幅広いインテリアやカラーに対応することが出来ました。
デザインの特徴は、アームレスと楕円形のシートにありますが、
20170630-2.jpg
アームレスとは言え、背もたれの両サイドのボトムが僅かにシート側に出ています。
20170630-3.jpg
この「出っ張り」がランバーサポート(腰を支える)の役割をしてラフに腰かけても安定した座り心地を与えてくれます。
山型の背もたれは、斜面上部で丸くなり
20170630-4.jpg
ボトムで先程の「出っ張り」を伴って、なだらかな弧を描きながらシートに下りています。
20170630-5.jpg
楕円状のシートと
20170630-6.jpg
背もたれ背面部のカーブが揃えられているため、一体化したオブジェのようにも見えます。
20170630-7.jpg
長めのテーパードレッグは、外に向かい「ハの字」に開き、背もたれの斜面に沿うようになっています。
20170630-★
又、ナチュラル色の塗装も全体の「丸さ」にマッチしています。
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプルからブルックリンとかなり広範囲なインテリアに対応できそうです。
ソファの幅は、135cmと小ぶりですがアームが無い分、シートのクリアランスが充分確保出来ますので、二人でも余裕で座る事ができます。

ファブリックのカラーは、イエロー
20170630-8.jpg
ピンク
20170630-9.jpg
グレー
20170630-10.jpg
ブルーの4色になっております。
20170630-11.jpg
お部屋のシーンに応じてお選びいただければと思います。
ピンクやイエローと最近、街でも見かけるカラーですが、丸くて小ぶりなソファには、より「かわいさ」が強調されます。
脚部の素材は、ラバーウッドになります。
さて、価格です。
25,800円(税込)このパーフォーマンスから考えられないお値打ち価格になっています。
丸くてかわいいだけではなく、その機能もあなどれないソファ、是非座り心地、デザイン、カラーなどNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

1637Bソファ 2人掛け
¥25,800(税込)
幅135×奥行70×高さ75(42.5)cm

  1. 2017/06/30(金) 14:41:03|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年6月23日 ミッドセンチュリー系、重厚なダイニングチェア

今週は、夏至の日がありました。
昼の長さが最も長い日です。
気が付けば、もう来週から7月です。
夏です。
とは言え、夏至の日から(正確ではありませんが)昼の時間が短くなっていきます。
なんか、夏本番前に不思議な気持ちです。
梅雨の最中ですが、あまり梅雨らしくない日が続いています。
ヨーロッパでは、熱波で被害がでています。
ポルトガルでは、この影響で森林火災が発生し、犠牲者も多く未だ鎮火していないそうです。
イタリアのミラノでは、最高気温39度だそうです。
イギリスでも連日、30度超えで6月としては記録的との事です。
東京でも今年は暑くなるのでしょうか。
そういえば、ここ数日「きれいすぎる夕焼け」が続いています。
昨日、下北沢の街を歩いていると、路地の隙間に広がったピンクの空は
20170623-①
やがて色づく雲を
20170623-②
集めながら
20170623-③
街中を茜色に染め上げていきました。
20170623-④

(因みに、前日もこのような空の色でした。写真を撮っていたら、近くの人たちも空にむけスマホを向け始め、けっこうな「ひとだかり」を作ってしまいました。普段、みなさんあまり空など気に掛けないからでしょうか。)
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、広島と福岡以外はまずまずですが、日曜日は、全地域でくもりや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。


今週も先週に引き続き、北欧ミッドセンチュリー、ヴィンテージ系チェアを御紹介させていただきたいと思います。
20170623-チ①
今週のチェアは、先週のイージーチェアよりもやや軽く、ダイニングチェアの要素も含んでいます。
デザインの特徴は、まず背もたれとアームが一体化したフレームにあります。
20170623-チ②
両アームの先端から背もたれに向かって大きく弧を描いています。
20170623-チ③
このアールが全体のイメージを丸くしているのです。
そしてアームは、背もたれに対し前方に向かい緩く傾斜していますが、この傾斜が腕を預けやすくし「座った時のゆったり感」与えてくれます。
次に背もたれのデザインですが、敢えて言わせていただければ、「ペリカン系せもたれ」と言えるでしょう。
20170623-チ④
ペリカンが羽を少し広げた形に似ていることから名付けられた、北欧ミッドセンチュリー時代の象徴的な形状です。
20170623-チ⑤
丸みを帯びたシート後方部で弧を描いて接合されています。
20170623-チ⑥
この辺のバランスが見事で、「いやらしさ」を全く感じさせません。
又、ヌキの入った脚の形状もミッドセンチュリーの代表で、チェア全体と融合しています。
20170623-チ⑦
素材は、フレームにアッシュ天然木無垢、シートはPUを使用し、フレームのカラーは、ウォルナットと
20170623-チ⑧
アッシュナチュラルをオイルで仕上げた2カラーとなっております。
20170623-チ⑨
インテリアの観点から、カフェ系、ブルックリン系が中心ですが、アッシュナチュラルなら、ナチュラル系でもいけそうです。
チェア自体にかなり強烈なインパクトがあるので、単体でも充分存在感があります。
20170623-全体
また、4つ揃えてダイニングチェアとして使用すれば、相当な破壊力のあるインテリアになるかと思います。
さて、価格ですが19,800円(税込)です。
このパフォーマンスから想像できないくらいお値打ちだと思います。
弧を描く背もたれは、しっかりと腰を支え、傾斜が付けられたアームに腕を預ければ、ゆったりとした時間が流れていきそうです。
デザインだけではなく、その座り心地も是非、全国NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

UC02アームチェア
¥19,800(税込)
幅57×奥行58×高さ76(47)cm
  1. 2017/06/23(金) 15:22:54|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年6月16日 イージーチェア

今週は、梅雨入りと言っても梅雨前線が日本から遠いため、オホーツク海高気圧の影響で晴れても凌ぎやすい日が続いています。
まだ当面こういった日が続くのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、日曜日の関東で少しぐずつく以外、概ね両日で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

ここから先、飛ばして読んでいただければと思いますが、ご興味のある方と共感できればと書いてみました。
ところで「うこんの力」よく見かけるキャッチですが、間違えて見えたこと何回あります?
今、巷間で「う○こ漢字ドリル」というドリルが流行っているそうです。
勿論、書店で小学1年生から6年生まで6タイプ、伏字なしで売っています。
先日、流行っているとは知らず、偶然初めて見ました。
ここ最近あれ程笑った事、ありませんでした。
すべて「うこん」(やはり直接書けないので「うこん」にしておきます)の入る例文で構成されているのです。
1漢字に3つの例文が表記されています。
例えば春。
例文は、( )らしい 色の うこんだ。
新( )のあいさつに うこんを 持って行きました。
父は、青( )時代に よく うこんを もらしたそうだ。
と、続きます。
羽だと
うこんにも( )が生えたらいいのに。
鳥の( )音かと思ったら お父さんが うこんをする。
( )子板で うこんを ついて 遊ぼう。
確かに、シュールなものとそうでないものがありますが、書店で涙が出るほど笑わせてもらいました。
やはり、「うこん」何度も間違えた事、あるからでしょうか。
それから、街にあるキャッチコピーを「うこん」に置き換えていつも噴出しています。

過払金は、うこんで返却。BY便護士事務所・・ちがう弁護士です。
どんな うこんも 高価買取
このろくでもない うこん。
地上60階から見下ろす 東京のうこん。
君が うこんになった日。
麻布の森にたたずむ うこん。
おいしい うこん 冷えてます。
ワンランク上の うこんで おもてなし。

この辺でやめときます。
大変、失礼いたしました。
でも・・・ウコンです。
ドリルと違います。

今週は、ミッドセンチュリーの雰囲気たっぷりなイージーチェアをご紹介させていただきたいと思います。
1_20170616162102687.jpg

そもそも「イージーチェアって何?」ですが、一般的にあまり知られていません。
定義で言えば、「ゆったりとした大きめの座面と肘掛けが付いた一人掛けのチェア」で「くつろげるように傾斜の付いた背もたれにより、ゆったりと座れるチェア」でしょうか。
ただこの辺の言い回しが難しく、アームチェア、リラックスチェア、レジャーチェア、リビングチェア、ラウンジチェアから一人掛け用ソファまで、同じ部類に入るので複雑なのかも知れません。
あえて定義させていただければ、北欧ミッドセンチュリー全盛期を代表するハンス・ウエグナーがデザインした「イージーチェア」の目的に近いものでしょうか。
すみません、よけい面倒臭くなってしまいました。
と言う事で、今回ご紹介させていただくチェアは、イージーチェアに分類されます。
2_20170616162102c08.jpg

さて、そのデザインですが、アームを形成するフレームにシェル型の座面が乗る、ミッドセンチュリー時代のイージーチェアの典型になっています。
3_201706161620592bb.jpg

フレームは丸く上下にテーパードされたもので構成され、
20170616-4.jpg

アームレストは、上部分を腕が乗せやすいように平たく、シェルを丸く包み込むようにし、エンドで後ろ脚のフレームに繋がっています。
20160616-5.jpg

アームがそのまま、シェルの後ろを巻かないのは、シェルがしっかりしているため、その必要がないと言う概念でしょう。
必要以上に、木材を使うと高価になる上、ウエイトも増えてしまうからです。
そのフレームに乗ったシェルですが
20170616-6.jpg

エッグシェルと呼ばれる、ミッドセンチュリーを代表する形状です。
20170616-7.jpg

この曲線のエッグシェルとやや直線的なフレームの融合が全体のデザインを支配しています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系から、ブルックリンなどハードの場面でも似合いそうです。
素材は、フレームにアッシュ天然木無垢材、シートにはPUを使用しています。
フレームのカラーは、ウォルナットと
20170616-8.jpg

ナチュラル・オイルフィニッシュの2色で、シートカラーはブラック1色のみとなっています。
20170616-9.jpg

価格は、23,800円(税込)となっています。
ソファの代わりやサイドチェアとしても活躍しそうです。
特にブルックリンやハード系では、このチェアにインパクトがある分、決めやすいかとおもいます。
また、付属のクッションを使うと座り心地も一層向上します。
ミッドセンチュリーの雰囲気たっぷりなチェア、是非フィーリング、座り心地をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

UC01アームソファ
¥23,800(税込)
幅69×奥行75.5×高さ83.5(43)cm

  1. 2017/06/16(金) 16:10:56|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
前のページ 次のページ